1. 宮城県防犯協会連合会
  2. 会議等

会議等

病院でのタイミングを捉えた防犯研修会

2016年11月28日

 大崎東部地区防犯協会連合会では、神奈川県内の障害者施設で発生した大量殺人事件や同県の病院で発生した点滴パックへの異物混入事件を受けて、古川警察署と連携し、病院職員に対する防犯意識の高揚を図るため、本年11月中旬、地区内の3つの病院において、防犯研修会、不審者対応訓練を実施しました。
 実施した病院は、11月16日(水)、大崎市古川の永仁会病院(参加した職員95名)、17日(木)、大崎市古川の古川駅前岡本クリニック(参加した職員4名)、18日(金)、大崎市鹿島台の旭山病院(参加した職員40名)で、研修会では、古川警察署員を講師に普段からの心構え、不審者が侵入した際の対応要領、さらには刺股やネットランチャー等の護身用具の使用方法等について実技を含めて研修を行いました。
 研修に参加した職員からは、「病院は病気の人や家族、見舞客、出入業者等々、一日中様々な人が出入りするので日頃から防犯意識を持つことや声掛け、事件発生時の入院患者や利用者等の安全確保、警察への通報等、日頃の訓練の大切さを認識させられた。」等の意見や感謝の声が聞かれるなど、研修会としては有意義なものとなりましたとの報告でした。
 最近の犯罪情勢や事件事例を踏まえ、記憶が新しく、関心が高いうちに、関係機関や病院等の協力を得て、このような防犯研修会を開催することは職員や患者を守るために効果的な取り組みと思われます。但し、業種によっては忙しい時間帯もあるため、その手法を検討した上で行うことも必要と思われます。今回の永仁会病院の研修会でIMG_1742[1]IMG_1743[1]は、午後6時からパワーポイントを活用して実施し、多くの職員に参加していただき、旭山病院では冒頭に院長からも挨拶をいただいています。退屈だと言われがちな防犯研修会に今回のような映像の活用や実技を取り入れるなどの工夫も大事だと思われます。

子どもの安全を守るための防犯シンポジウムの開催について

2016年06月27日

 大崎東部地区防連傘下の宮沢地区防犯協会では、児童・生徒の夏休みを1か月後に控えた6月17日(金)午後7時15分から、古川警察署の協力を得て、大崎市宮沢公民館に地区の関係機関・団体の職員等70名を集めて標記シンポジュウムを開催しました。
 参加したのは、大崎東部地区防連、宮沢地区防犯協会、宮沢小学校教職員、同校PTA、宮沢公民館、古川警察署等で、シンポジウムでは、古川警察署生活安全係長から「夏休み中における子どもの事件事故被害防止と非行防止対策について」の講話、地元宮沢駐在所から「管内の少年非行の実態について」の説明、スクールガードリーダーの講話等が行われました。
 その後、それをもとに夏休み期間中の対策が話し合われ、参加団体等から見守り活動の実施や子どもたちのスマートフォンのフィルタリングの励行等が報告されましたが、IMG_1563[1]このシンポジウムは、この地区では長年開催されている行事であるため、話し合われた内容はそれぞれの団体を通じて各家庭等にも周知され、安全安心な地域づくりだけでなく、地域の連帯感の保持にも役立っているとのことです。
 

次世代防犯ボランティアリーダー育成プログラム研修会への参加

2016年06月14日

 全防連が保安通信協会の支援を受けて平成24年度から「全国防犯協会連合会50周年事業」として行っている平成28年度の標記研修会が、6月9日、10日の1泊2日で、東京都新宿区市谷の「ホテルグランドヒル市ヶ谷」で開催され、参加者の交通費、宿泊費は主催者の全額負担ということで、本県防犯協会連合会からも参加を希望した仙台東地区防連洞ノ口防犯協会婦人部から2名、県防連から1名が参加しました。
 この研修会は、防犯ボランティアの高齢化と後継者問題が課題となっていることを受けて、防犯に関係したり、防犯に関心のある若い世代や女性を対象に行われているもので、今回は1県から3名で12県、計36名が参加し(他県では大学生等の若い世代が多く参加していた)
  1日目は、午後1時に会場に集合し、日本ガーデアンエンジェルスの小田理事長から「効果 的なパトロール」について講義をいただきました。防犯パトロールは犯罪を防止するだけでな  く、制服姿を見せ住民に安心感を与えたり、安全への関心を高めるのにも効果があるとの話  であり、その後、パトロール要領の実践もありましたが、警戒よりも声掛けや危険箇所のチェ ックに時間が割かれていました。当日は、そのほか5団体防犯建物部品普及促進協議会か ら鍵や窓を使った防犯建物部品の説明、意見交換会等が行われ
  2日目は、全防連田中専務の講義の後、科警研による「聞き書きマップ」の作成要領、デジ カメを持ちマップを作成する区域のまちあるき、持参したパソコンに科警研作成のソフトをイン  ストールしてのマップ作り、各県によるマップの発表があり、最後に受講証明書を配布され  研修会は終了しました。
 本研修会のメインテーマである「聞き書きマップ」は、GPS受信機、ICレコーダー、デジカメの3つの小道具を持ってマップを作成する地域の危険箇所等の対象の写真を撮りながら取材し、パソコンのある場所に戻ってパソコンに取材したデータを取り込み、マップを作成して仕上げるものです。
 2~3人で取り組めば経費を掛けないで比較的手軽に安全マップ等を作れるので、防犯広報、注意喚起等にも活用できるとのことでした。
 来年度以降もこの事業は継続されるようですので、参加募集があった際は、各地区から若い世代

研修会2日目マップ作成の様子

研修会2日目マップ作成の様子

に参加していただきたいと思っています。
 

平成28年度第1回理事会を開催

2016年05月17日

 公益社団法人宮城県防犯協会連合会では、平成28年5月11日(水)午後1時30分から同2時40分まで、宮城県多賀城市鶴ヶ谷1-4-1宮城県多賀城分庁舎の会議室において、代表理事、専務理事を含む理事7名、監事3名が出席し、平成28年度第1回理事会を開催しました。
 理事会は、姉歯会長挨拶後、定款の規定により会長が議長となり、4議案について提案がなされ、それぞれ審議が行われました。
 議案は、第1号議案「平成27年度事業報告並びに収支決算について」、第2号議案「通常総会の招集について」、第3号議案「副会長の職務代行の順序について」、第4号議案「賛助会員の入会承認について」であり、渡辺専務理事からそれぞれの議案についての説明とIMG_1517[1]第1号議案については森屋監事から監査報告があった後、審議が行われ、4議案とも原案どおり承認されました。
 これにより、平成28年度通常総会は、当初の予定どおり、5月31日(火)午後2時から開催されることになりました。

平成27年度第2回理事会を開催

2016年03月28日

IMG_1493[2] 公益社団法人宮城県防犯協会連合会は、平成28年3月25日(金)午後1時30分から同3時07分まで、宮城県多賀城分庁舎会議室において、理事9名中8名、監事3名が出席し、平成27年度第2回理事会を開催しました。
 理事会は、姉歯会長の挨拶後、会長が議長となり、3議案について提案され、それぞれ審議が行われました。議案は、1号議案「平成28年度事業計画並びに収支予算について」、第2号議案「資金調達及び設備投資の見込みについて」、第3号議案「賛助会員の入会承認について」であり、渡辺専務理事から議案についての説明がなされるとともに、慎重な審議を経て3議案とも原案どおり承認されました。
  その後、会長、副会長、専務理事から職務執行状況について報告があり、「全防連からの青パトの寄贈」「都道府県防犯協会専務理事、事務局長会議」「今後の会議日程」等が報告されました。

機関紙「防犯みやぎ」を活用した防犯研修会の開催

2016年02月29日

大崎東部地区防連傘下の東大崎地区防犯協会では、同地区防連と古川警察署の協力を得て、本年2月20日(土)午前10時から、同地区公民館において、地区防犯実働隊と住民30数名を対象に防犯研修会を開催しました。

研修会は、地区防犯協会長のあいさつの後、古川警察署生活安全課の係長を講師として行われましたが、その際の配付資料に今月、県防連で作成し、各地区防連に配付した機関紙「防犯みやぎ」が活用されました。

今回の「防犯みやぎ」では、近年、全国的に被害が増加している特殊詐欺の県内の被害実態と防止対策について特集して掲載しており、東大崎地区の防犯研修会で、早速、この特集記事が活用されたものです。

研修は、この資料だけでなく、県内や地元で発生した被害事例を交えたものであったため、受講者も特殊詐欺被害を家族を含めた自分たちの生活の身近な問題として受け止めて熱心にIMG_1484[1]研修したということでした。

平成27年度通常総会を開催

2015年05月28日

IMG_1191[1] 公益社団法人宮城県防犯協会連合会は、平成27年5月28日午後2時00分から同4時10分まで、仙台市青葉区のパレス宮城野において、宮城県知事(代理:若生副知事)、安藤県議会議長、横内警察本部長はじめ来賓出席の下、平成27年度通常総会が開催されました。
 通常総会は、会長挨拶、来賓祝辞の後、井上会長が議長となり、4議案について提案がなされそれぞれ審議が行われました。議案は、第1号議案「平成26年度事業報告並びに収支決算報告について」、第2号議案「会費等取扱規程の改正について」、第3号議案「理事10名の選任について」、第4号議案「監事3名の選任について」であり、橋浦専務理事からそれぞれの議案についての説明がなされるとともに、慎重な審議を経て全4議案とも原案どおり承認されました。
 また、「平成26年度事業計画並びに収支予算」と「資金調達及び設備投資の見込み」について、橋浦専務理事から報告がなされました。
 通常総会後、新たに選出された理事・監事による臨時理事会が開催され、会長は井上恭司氏、副会長は安達雄一氏と姉歯和郞氏、専務理事は渡辺新市氏がそれぞれ選出されました。

平成27年度第1回理事会を開催

2015年05月12日

IMG_1181[1]
 公益法人宮城県防犯協会連合会では、平成27年5月11日午後1時30分から同3時30分まで、同連合会が所在する宮城県多賀城市鶴ヶ谷1―4-1宮城県多賀城分庁舎内の会議室において、代表理事、専務理事を含む理事7名中6名及び監事3名が出席し、平成27年度第1回理事会を開催しました。
 井上会長挨拶の後、定款の定めにより会長が議長となり、6議案について提案がなされそれぞれ審議が行われました。議案は、第1号議案「平成26年度事業報告並びに収支決算について」、第2号議案「会費等取扱規程の改正について」、第3号議案「理事・監事候補者の承認について」、第4号議案「顧問・参与の就任について」、第5号議案「通常総会の招集について」、第6号議案「賛助会員の入会承認について」であり、橋浦専務理事から議案についての説明がなされるとともに、慎重な審議を経て全6議案とも原案どおり承認されました。
 なお、平成27年度通常総会は平成27年5月27日午後2時00分から開催されることとなりました。

平成26年度第2回理事会を開催

2015年03月30日

IMG_1163[1]
 公益社団法人宮城県防犯協会連合会は、平成27年3月27日午後1時30分から同3時20分まで、同連合会が所在する宮城県多賀城市鶴ヶ谷1―4-1宮城県多賀城分庁舎内の会議室において、代表理事、専務理事を含む理事7名中5名及び監事2名が出席し、平成26年度第2回理事会を開催しました。
 井上会長挨拶の後、定款の定めにより会長が議長となり、4議案について提案がなされそれぞれ審議が行われた。議案は、第1号議案「平成27年度事業計画並びに収支予算について」、第2号議案「資金調達及び設備投資の見込みについて」、第3号議案「資産取得資金の設定について」であり、橋浦専務理事から議案についての説明がなされるとともに、慎重な審議を経て全3議案とも原案どおり承認されました。

平成26年度通常総会の開催

2014年05月29日

IMG_0741[1]  公益社団法人宮城県防犯協会連合会は、平成26年5月28日午後1時30分から同3時20分まで、仙台市青葉区のパレス宮城野において、宮城県知事(代理:若生副知事)、県議会議長、警察本部長はじめ来賓出席の下、平成26年度通常総会が開催されました。
  通常総会は、会長挨拶、来賓祝辞の後、井上会長が議長となり、2議案について提案がなされそれぞれ審議が行われた。議案は、第1号議案「平成25年度事業報告並びに収支決算報告について」、第2号議案「理事1名の選任について」であり、橋浦専務理事からそれぞれの議案についての説明がなされるとともに、慎重な審議を経て全2議案とも原案どおり承認されました。
  また、先の理事会で決議された「平成26年度事業計画並びに収支予算」と「資金調達及び設備投資の見込み」について、橋浦専務理事から報告がなされました。

ページ上部に戻る