1. 宮城県防犯協会連合会
  2. 2014 9月 1

地区防連による活動

夏祭り会場で防犯キャンペーンを実施(大崎東部地区防連)

2014年09月01日

参加者の皆さん

参加者の皆さん


 大崎東部地区防犯協会連合会では、地域の夏祭りである「古川まつり」の会場で、関係機関団体とともに防犯キャンぺーを行いました。
 「古川まつり」は、昭和22年から続く大崎市古川地域最大の夏祭りで、会場ではみこし行列や古川おどり、古川おどり太鼓が街を練り歩き、各商店街でもさまざまな行事が行われ、会場には近隣等から多くの人々が訪れます。
 キャンペーンは、大崎東部地区防犯協会のほか、古川警察署、古川地区暴力団追放対策協議会、古川地区飲食業等暴力団追放対策協議会、大崎東部地区少年補導員協会、大崎市防災安全課等の約40名が参加して行われ、防犯及び暴力団追放の広報用チラシやうちわ等を祭りの来場者に配布しながら、安全安心まちづくり、暴力団追放、振り込め詐欺被害防止、少年非行防止の広報啓発活動を行いました。
 また、キャンペーン終了後は、古川警察署員、少年補導員協会員とともに、少年の非行防止を図るためのパトロールも行いました。
IMG_0850[1]IMG_0851[1]IMG_0848[1]
 

中学生とともにJR3駅で防犯キャンペーンを実施(仙台東地区防連)

2014年09月01日

IMG_0840[1] 仙台東地区防犯協会連合会では、平成26年8月20日、管内のJR仙石線の3駅で、地元中学校2校の中学生等とともに、犯罪被害防止等の防犯キャンペーンを行いました。
 キャンペーンは、少年の非行防止、振り込め詐欺の被害防止、自転車の盗難防止を図る目的で行われ、地元中学校(仙台市立田子中学校、同高砂中学校)の生徒(65名)及び高砂防犯協会指導隊・女性部員、仙台東地区少年補導員協会員、仙台東警察署員等約10名が参加し、中学生とともにJR仙石線の福田町駅、陸前高砂駅、中野栄駅の3駅で、同駅を利用する乗降客等に対して、犯罪被害防止等の防犯チラシや防犯グッズを配布しながら、一人一人に声を掛け訴えかけました。
IMG_0845[1]IMG_0844[1]IMG_0843[1]

ページ上部に戻る