1. 宮城県防犯協会連合会
  2. 2014 12月

地区防連による活動

特殊詐欺被害防止キャンペーンの実施(仙台南地区防連)

2014年12月24日

活動の状況

活動の状況


 仙台南地区防犯協会連合会の秋保防犯協会では、これまでも振り込め詐欺等の被害防止のため年支給日における金融機関での広報啓発活動をはじめ各種活動を行っているところでありますが、本年の特殊詐欺被害が過去最悪となっていることに鑑み、あきう幼稚園(仙台市太白区秋保町所在)主催の学芸会総練習に秋保町内の老人会会員が招待されたことから、平成26年11月26日、同あきう幼稚園の玄関前において招待をうけて同所を訪れた多くの高齢者に対して、振り込め詐欺をはじめとする特殊詐欺の被害防止のチラシ等を配布しながら、特殊詐欺が急増していること、不振な電話があった場合は家族や警察に相談すること等を呼びかけました。

IMG_1108[1]IMG_1113[1]

多賀城駅前警察官立寄所が開所

2014年12月19日

多賀城駅前警察官立寄所の全景

多賀城駅前警察官立寄所の全景


 多賀城市が多賀城駅周辺の安全安心の拠点となる施設「多賀城駅前警察官立寄所」を開設し平成26年12月19日に同所の開所式が行われました。
 「多賀城駅前警察官立寄所」は、警察官に巡回警戒しながら同所に随時立寄ってもらうほか、多賀城市防犯協会や多賀城市内の防犯関係団体等の活動拠点、立寄所として、また、研修、情報交換の場として運用されることとなっております。
 施設は、JR多賀城駅前の主要幹線道路の沿線にあり、木造2階建て、延床面積288㎡で事務処理施設のほか相談室、巡回活動休憩室、湯沸室、脱衣・シャワー室、来客用トイレなども完備したものであります。
 開所式には、多賀城市長をはじめ警察、地元関係者等約100名が出席して行われました。最初に、菊地多賀城市長の挨拶があり、引き続き警察本部長(代理:警務部長)、多賀城市議会議長、地元選出県議会議員及び宮城県防犯協会からは井上会長が出席しそれぞれ祝辞を述べられました。井上宮城県防犯協会連合会長からは「多賀城駅前を中心とした多賀城地内の安全と犯罪抑止に大いに活躍されることを期待している。是非有効に活用し、警察はもとより地域の防犯関係団体等が相互に連携してこの地域から犯罪や事故を一掃してしていただきたい。」旨の祝辞が述べられました。
 次に、多賀城市から事業概要の説明があり、その後、玄関前でテープカットが行われました。最後に出席者よる施設内の見学が行われました。

  【井上県防連会長祝辞】      【テープカット】
IMG_1086[1]IMG_1090[1]

知事等が繁華街で年末年始特別警戒取締りの視察・督励を実施

2014年12月16日
視察・督励の状況(東一番町通)

視察・督励の状況(東一番町通)


 平成26年12月15日(月)午後5時から、宮城県知事等が仙台市中心部の繁華街や歓楽街を巡回して年末年始の特別警戒を行っている防犯ボランティアや警察官に対する視察・督励が行われました。
 参加者は、村井宮城県知事、奥山仙台市長、鎌田宮城県公安委員長、横内宮城県警察本部長、井上宮城県防犯協会連合会長、安達仙台市防犯協会連合会会長職務代理者をはじめ警察及び防犯ボランティア団体等関係機関団体約100名でした。
 視察・督励に先立ち、宮城県庁1階ロビーで出発式が行われ、宮城県知事、仙台市長、宮城県警察本部長がそれぞれ挨拶を行い、その後、買い物客で賑わう東一番町通の商店街や歓楽街の国分町地区を巡回・視察し、街頭活動を行っている防犯ボランティア団体や警察官に声を掛けながら督励を行いました。
 最後に、国分町交番に立ち寄り特別警戒取締りにあたっている警察官に対して激励を行いました。
 なお、年末年始の特別警戒取締りは12月15日から1月7日まで行われ、年末年始に増加する各種事件事故の防止を図るため、各種防犯ボランティア団体や警察官等が啓発活動や取締りを強化することとしております。

出発式の状況(村井知事挨拶)

出発式の状況(村井知事挨拶)

鹿島台互市における防犯啓発活動の実施(大崎東部地区防連)

2014年12月15日

参加者の皆さん

参加者の皆さん


 大崎東部地区防犯協会連合会では、平成26年11月10日、大崎市鹿島台平渡地内で開催された鹿島台互市会場において、防犯・非行防止等キャンペーンによる防犯啓発活動を行いました。
 鹿島台互市は、毎年、春と秋の2回、JR鹿島台駅前の商店街を中心に開催され、毎年300軒を超える露店が建ち並び、通りを歩きながらの買い物に毎回10万人を超える買い物客で賑わいます。
 今回のキャンペーンは、大崎市防犯実働隊鹿島台分隊をはじめ大崎東部地区少年補導員協会、古川警察署、大崎市鹿島台総合支所の職員等が、地元住民をはじめ近隣地域や家族連れで賑わいを見せている互市会場に於いて、防犯啓発チラシや防犯グッズ等を配布しながら「振り込め詐欺被害防止」「自転車盗難被害防止」「少年非行防止」等について呼び掛けを行い広報啓発活動を行いました。
 また、互市会場や周辺地域の巡回パトロールを行い犯罪や事故の防止に努めるとともに、振替休日のため多くの小学生や親子連れの姿もみられ、児童や保護者らに声を掛けを行い少年の非行防止や少年の犯罪被害防止にも努めました。

IMG_1049[1]IMG_1051[1]IMG_1050[1]IMG_1052[1]

 

街頭防犯パレードと環境美化活動を実施(仙台南地区防連)

2014年12月10日
参加者の皆さん

参加者の皆さん

 南材地区防犯協会では、全国地域安全運動期間中の平成26年10月14日、南材地区町内会等の皆さんとともに、街頭防犯パレードと環境美化活動を行いました。
 同キャンペーンは、全国地域安全運動の一環として、南材地区防犯協会と南材地区防犯協会、若林区役所、南材小学校、仙台南警察署が協力して、南材木町小学校学区全域において、「住宅侵入犯罪の防止」「痴漢等の子ども女性を対象にした犯罪の防止」「自転車盗等の防止」「特殊詐欺の防止」「万引き防止」等について、通行人や住民に犯罪被害防止の声を掛けを行うなど、街頭防犯パレードによる広報啓発活動を行いました。
 また、環境の整った清潔感のあるきれいな街は犯罪も発生しにくいことから、街頭防犯パレードと併せて参加者はゴミ袋を携え道路や空き地のゴミを取り除きながら地区内の環境美化活動にも取り組みました。
IMG_1044[1]IMG_1047[1]
 

中学校区内の地域安全マップ危険箇所の点検の実施(仙台南地区防連)

2014年12月09日

危険箇所点検の様子

危険箇所点検の様子


 仙台南地区防犯協会連合会の八木山防犯協会では、平成26年10月14日に「八木山中学校・防犯安全マップ」を活用し、八木山中学校区の通学路等を中心に徒歩で危険箇所等を確認・点検する通学安全路の総点検を行いました。
 危険箇所等の点検には、八木山防犯協会の5名と仙台南警察署八木山交番の警察官1名の協力を得て6名で行い、
    ○ 道路が狭く、人通りが少なくて暗いな
     どの危険な場所
    ○ 金剛沢治山の森など子どもが容易に
     危険箇所に入りやすい場所
などを把握確認しました。
 これら把握した危険箇所については、今後、資料化し、学区内の小中学校等に対して情報提供を行い、犯罪や事故に遭わないように注意を促す予定としています。

高等学校で自転車盗難被害防止のキャンペーンを実施(角田地区防連)

2014年12月09日

活動状況

活動状況


 丸森地区防犯協会では、平成26年10月15日、宮城県伊具高等学校(伊具郡丸森町)において、角田警察署と連携して高校生を対象とした自転車盗難被害防止キャンペーンを実施しました。
 キャンペーンは、高校生に対して、最も身近な犯罪被害である自転車盗の被害防止を呼び掛け防犯に対する意識を啓発するとともに、自転車盗発生の総量抑止と高校生の健全育成に資することを目的に、丸森地区防犯協会員はもとより、角田警察署員、伊具高等学校の教職員と生徒(生徒会執行部・交通安全指導員)など計24名が参加して行われ、校門及び駐輪場等において、登校する全生徒に対して自転車のカギかけ等自転車盗難被害防止を呼び掛けながらワイヤーロック錠を配布するなどの広報啓発活動を行いました。また、同校の駐輪場においては生徒の施錠状況を確認ていました。
 自転車通学の生徒の中には、配布されたばかりのワイヤーロック錠を使用して、早速ツーロックを実践する生徒もおり、大変有意義な広報啓発活動になりました。

ページ上部に戻る