1. 宮城県防犯協会連合会
  2. 2015 2月

県防連による活動

健全育成ボランティア「ポラリス宮城」活動報告会で県防連会長が慰労

2015年02月25日

井上会長挨拶

井上会長挨拶


 平成27年2月24日、宮城県警察本部において、平成26年度大学生健全育成ボランティア「ポラリス宮城」活動報告会が行われ、宮城県防犯協会連合会から井上会長が出席し、「ポラリス宮城」に参加してこれまでボランティア活動を行ってきた大学生を慰労しました。 
 大学生健全育成ボランティア「ポラリス宮城」は、21世紀を担う青少年の健やかな成長を願い、少年と年齢が近い大学生による少年の健全育成活動を推進するため平成16年から行われているもので、平成26年度は県内の7大学から50人がこれまで健全育成活動を行ってきました。
 活動報告会は、「ポラリス宮城」の大学生及び県警察、少年補導員協会、関係大学等の関係者が出席して行われました。
活動報告の状況

活動報告の状況

岡崎県警察生活安全部長の挨拶の後、井上県防連会長からは、「少年非行防止のキャンペーンや広報活動、少年の社会参加活動に対する支援等々、若さと行動力を生かした多彩な活動を展開し少年の非行防止と健全育成に大きな成果を収めることができた。皆さんの情熱と熱意、真摯な活動に心から感謝を申し上げる。今後も、今回の貴重な経験を生かし若さと行動力をもって、これまで以上に、それぞれの立場で活躍して欲しい。」旨の慰労を込めた祝辞がなされました。
 大学生からは、各地区(7地区)ごとにそれぞれ、街頭補導活動、非行防止及び防犯教室、非行及び犯罪被害防止キャンペーン、学習支援等の立ち直り支援活動など、これまでの活動状況について報告が行われました。
 「ポラリス宮城」の代表者からは、「今回の活動を通じて多くのことを学びまた経験したが、この貴重な体験を卒業後の社会においても生かして行きたい。」などの感想が述べられていました。

機関紙「防犯みやぎ」を発行しました

2015年02月19日

当協会の機関紙「防犯みやぎ」(平成27年2月)を作成しました。

       ※ 内容はこちら → ここをクリック

ページ上部に戻る