1. 宮城県防犯協会連合会
  2. 2015 6月

地区防連による活動

南材地区における路上清掃を兼ねた特殊詐欺防止チラシの配布について

2015年06月29日

南材地区防犯協会では、5月12日午前、同地区町内会連合会と共催し、仙台南警察署、若林区役所の協力を得て、参加者48名で、同地区一円の路上清掃と通行人への特殊詐欺防止のチラシ配布を行い、振り込め詐欺等への警戒の呼び掛けと地域の環境美化を行いました。

同協会による地域に密着した地道な活動により、JRを始めとする事業所や通行人等の理解や協力も得られるようになり、「自分の身は自分で守り、地域は地域で守る」という意識の浸透が少しずつ図られて来ているとの報告がありました。IMG_1208[1]IMG_1209[1]

長岡地区における見守り活動について

2015年06月24日

大崎市の長岡地区防犯協会では、古川警察署と連携し、長岡小学校に登校する児童の見守り活動と関係する防犯ボランティア等との情報共有等を図るため、地区内の防犯実働隊、防犯ボランティア、行政区長、同校PTA等に呼び掛け、6月10日(水)朝の登校時に同小学校周辺において登校児童の見守り活動を行いました。
実施にあたっては、活動が一目で分かるように標語入りのぼり旗を掲げ、揃いのグリーンのジャンパーやたすきを着用し、実施前には古川警察署員から不審者情報や実施に当たっての諸注意について指導を受け、班に分かれて登校する子どもたちの見守り活動を行いました。
この活動に対し、登校する子どもたちからも元気なあいさつが返されるなど、地元ならではの声掛けや触れ合い活動も見られ、意識の高揚と参加者間の情報交換も良好であったとの報告IMG_1206[1]IMG_1207[1]でした。

年金支給日における各地区の特殊詐欺被害防止キャンペーンの実施について

2015年06月24日

 仙台東地区防犯協会連合会傘下の洞ノ口、卸町、高砂、鶴ヶ谷の地区防犯協会では、年金支給日の6月15日(月)の午前中、各協会員等が仙台東警察署員と各地区内の郵便局等の金融機関を訪問し、郵便局長等とともに利用客に対し、特殊詐欺被害防止チラシ、ポケットティシュ等を配付しながら特殊詐欺被害防止と併せて年金機構の情報漏洩に便乗した不審電話への注意喚起をおこないました。
 この日は、石巻市防犯協会連合会石巻支部中央分会においても会員等が石巻警察署員とともに七十七銀行石巻支店等の出入口付近において利用客IMG_1205[1]にチラシ、ティッシュ等を配付し、特殊詐欺被害防止を呼びかけました。
 キャンペーンを実施した金融機関周辺は、いずれも年金支給日とあって普段より訪れる高齢者が多く、身近な問題として関心も高かかったこともあり、効果的な特殊詐欺被害防止キャンぺーンになったとの報告が寄せられました。IMG_1204[1]

「ポラリス宮城」結団式で県防連会長が激励と助成金贈呈

2015年06月23日

IMG_1200[1] 平成27年6月22日、宮城県警察本部で開催された大学生健全育成ボランティア「ポラリス宮城」結団式で「ポラリス宮城」に参加している大学生に対して県防連井上恭司会長から激励と助成金贈呈が行われました。
  「ポラリス宮城」は、少年と年齢的に近く少年の非行防止と健全育成活動に意欲と熱意のある大学生をボランティアとして登録し、社会参加活動の支援や街頭活動を通じて少年の健全育成に寄与するもので宮城県警察が平成16年から実施しているものです。平成27年度は県内の7大学から50人が登録されました。
 結団式では、ポラリス宮城の大学生及び県警察、少年補導員協会、関係大学等の関係者が出席して行われ、倉島県警生活安全部長の挨拶の後、井上会長が出席した大学生に対して「皆さん方の活動の一つひとつが、少年の健全育成に資する地域社会が形成されることを常に念頭におき、防犯ボランティア関係者をはじめ地域の皆さん方と連携しながら、真に少年の健全育成に資する多彩な活動を展開していただくことを期待しています。」等と激励を込めた祝辞を述べた。
 その後、「ポラリス宮城」の代表者が「少年のよき兄、姉として少年の健全育成に精一杯取り組みます。」と決意表明を行い、最後に井上会長から「ポラリス宮城」に対する助成金を代表者に贈呈し、結団式は終了しました。

沼辺ふるさとまもる隊対面式・研修会の実施について

2015年06月10日

 大崎東部地区防犯協会連合会では、本年5月20日(水)午前10時20分から大崎市沼辺小学校体育館において
    沼辺小学校区で児童の見守り活動を行っているふるさと見守り隊 82名
    沼辺小学校全校生徒244名、教職員24名
    古川警察署員、大崎東部地区防犯協会連合会専従員、沼辺公民館職員  計360名
が出席し、ふるさと見守り隊と沼辺小学校全校児童の対面式を行いました。
 これは、ふるさと見守り隊がこれから一年間、登下校時等に沼辺小学校生徒の見守り活動を行うにあたってお互いを認識することなどを目的として行ったものであり、対面式では児童代表から見守り隊に対して「安心して通学できるのは、皆さんのおかげです。ありがとうございます。」と感謝の言葉があり、見守り隊代表からも「皆さんを地域ぐるみで見守ります。」との力強い挨拶がありました。対面式では児童と見守り隊の交流タイムも設けられ、その中でお互いの存在や役割を再確認し、和気藹々のうちに終了しました。
 また、その機会を利用して古川警察署生活安全課による研修会が行われ、ふるさと見守り隊等に対して「子ども等に対する脅威事案と防止対策」や「青色回転灯防犯パトロールについて」の講話があり、大変有意義な対面式となIMG_1198[1]りました。  

特殊被害詐欺被害抑止「亘理はらこめし運動」の展開

2015年06月08日

亘理地区防犯協会連合会では、本年5月地区内で高齢者等を対象とした特殊詐欺被害が連続発生したことから、亘理警察署と緊急対策を協議し、地元の名物を頭文字にした特殊詐欺被害抑止標語「はらこめし」
   はら・・・・・(電話をうけてもお金は)払わない
   こ・・・・・・・(まずは)子どもに確認
   め・・・・・・・面倒でも相談する
   し・・・・・・・(儲かります、お金を落とした)信じない
を創作し、防犯協会だけでなく、交通安全協会、暴力団追放協議会等でも広報しているほか、金融機関や亘理高校生と協働したキャンペーン、地元FMラジオへの出演による広報等、様々な機会を捉えて「亘理はらこめし運動」を展開し、地区内住民に特殊詐欺への警戒と防犯意識の浸透を図って、被害防止効果を上げている。IMG_1197[1]

三本木春まつり防犯啓発広報活動の実施について

2015年06月02日

IMG_1195[1]大崎東部地区防犯協会連合会では、大崎商工会三本木支部が主催し、大崎市が後援する三本木春まつりにおいて、地区の防犯協会、防犯実働隊等が中心となり、稚児行列や武将甲冑隊等がパレードを行う中、制服姿で沿道に集まった地域の人達に声を掛けをしながら「振り込め詐欺」「侵入盗防止」「自転車盗難防止」等について呼び掛けて広報資料等も配布するなど、地域に密着した広報啓発活動を行った。この活動にはご当地ゆるキャラと一緒に古川警察署と同連合会の防犯マスコット「かけるくん」も参加し、子供達とのふれあいタイムを設けたため、親と子供達の双方から好評だったことが報告されました。

ページ上部に戻る