1. 宮城県防犯協会連合会
  2. 2015 8月

地区防連による活動

郵便はがきで「特殊詐欺被害防止」を啓発

2015年08月31日

角田地区防犯協会連合会傘下の丸森町金山地区防犯協会では、近年急増している高齢者等を狙った特殊詐欺被害から地区住民を守るため、本年7月と8月に青色回転灯を装備した車両と行灯を装備した広報車を使って地区内の防犯広報パトロールを実施したほか、郵便はがきに特殊詐欺被害防止と相談・情報提供を呼び掛ける防犯広報文を印刷して地区内全戸に郵送しました。郵便はがきによる広報は、同地区では初めての試みであったが、はがきを受け取った住民の反応は良好で、地区内の話題になるなど、防犯意識の高揚に役立ったとの報告をいただきました。IMG_1248[1]

青パト活動中の写真「俺は青パト一年生」が防犯カレンダーに

2015年08月26日

若柳地区防犯協会連合会傘下の畑岡防犯隊は、最近、問題となっている子ども女性の安全や特殊詐欺被害防止等を重点に、青色回転灯を登載した車両で地区内を巡回するなど、防犯活動を活発に行っているが、地元の満開の桜を背景にして活動する青パトの勇姿を隊員の一人が写真撮影し、「俺は青パト一年生」というタイトルで公益財団法人全国防犯協会連合会主催の青パト写真コンクールに応募したところ、惜しくも入賞は逸しましたが、来年の防犯カレンダーである「2016防犯カレンダー」に掲載されることが決まりました。地元での日ごろの防犯活動とそれを題材としたIMG_1247[1]青パト写真コンクールへの積極的な応募が奏功し、地域住民の防犯意識の高揚に資する事例と思われましたので紹介させていただきました。

青少年健全育成少年野球・サッカー大会の開催について

2015年08月26日

仙台南地区防犯協会連合会傘下の山田防犯協会では、社明山田地区委員会と共に、本年6月28日(日)地区内にある上野山小学校等を会場として青少年健全育成野球・サッカー大会を開催しました。大会には、野球10チーム、サッカー7チーム、選手340名、指導者と保護者、応援者等多数が参加し、同校での開会式の後、グランドコンディションの事情でサッカーがフットサルに変更され、各試合が行われ、閉会式では各賞も贈呈されました。この大会の開催により、野球やフットサルの試合を通じて地区内の青少年の親睦と交流が保護者等も含めて図られるとともに、地元防犯協会の活動に対する理解が促進されたとの報告がありました。

高齢者への特殊詐欺被害撲滅はがきの発送について

2015年08月24日

大崎東地区防犯協会連合会では、このほど古川地区金融機関防犯連絡会議とともに、多発する高齢者を狙った特殊詐欺被害を撲滅するため、振り込め詐欺被害防止の啓発を目的としたオリジナルはがき「かもめタウン」を作成し、8月10日から地区内の高齢者宛に発送を始め、15日まで3100世帯に届けた。  はがきには、最近の振り込め詐欺の手口と対策をカラー刷りで分かりやすく印刷し、注意を呼び掛ける内容になっている。またはがき以外にもチラシを作成し、地区内の金融機関の窓口に用意し、行員等が利用者に直接手渡して注意を呼び掛けている。IMG_1244[1]

夏祭りにおける防犯啓発活動の実施について

2015年08月24日

大崎東部地区防犯協会連合会では、地区毎に夏祭りが行われた8月14日(日)、まつり会場等に集まった人たちを対象に、防犯啓発キャンペーンを行い、大崎市長等とともに特殊詐欺被害防止等の呼び掛けを行った。

この日、鹿島台では、IMG_1240[1]IMG_1243[1]恒例の「わらじまつり」が行われたことから、防犯協会員や古川警察署員等は、鎌田三之助翁に扮した伊藤康志市長とともにまつり会場を回り、わらじ祭りにちなんだミニ布草履を集まった地域の人たちに配りながら特殊詐欺被害防止を呼び掛けました。また、三本木地区では、先日発隊したばかりの「三本木特殊詐欺なくし隊」隊員等が、三本木夏祭りの会場で、祭りに集まった人たちに、防犯協会が作成した特殊詐欺被害防止「ひまわり作戦」のロゴ入りポケットテッシュや少年非行防止団扇を配って被害防止を呼び掛けました。

平成27年防犯ポスター審査会を開催

2015年08月21日

IMG

宮城県防犯協会連合会では、本年8月20日(木)、青葉区上杉所在の自治会館において、平成27年防犯ポスター審査会を開催し、県内の小学生、中学生、高校生から応募された87点の作品の中から最優秀作品、優秀作品、佳作を選出しました。審査は、宮城県防犯協会連合会と宮城県警察本部生活安全部の幹部、仙台市内の中学校校長の部外審査員により行われ、最優秀作品3点、優秀作品15点、佳作30点が決定しました。最優秀作品は、10月11日から行われる全国地域安全運動のポスターとして印刷され、県内で掲出される予定となっています。

金融機関利用者等を対象とした特殊詐欺被害防止キャンペーンの実施について

2015年08月19日

IMG_1231[1]

仙台東地区防犯協会連合会傘下の榴岡防犯協会、苦竹防犯協会、高砂防犯協会では、会員16名で、急増する仙台市内における高齢者等を対象とした特殊詐欺被害を防止するため、年金支給日である本年8月14日(金)、それぞれの地区に所在する、七十七銀行仙台東支店、東北労働金庫仙台東支店、仙台栄郵便局等の金融機関の協力を得て来店客、通行人に特殊詐欺被害防止チラシ、団扇等を配りながら特殊詐欺被害防止について注意喚起を促した。当日は年金支給日で、金融機関を訪れる高齢者が普段より多かったことから、効果的な被害防止広報活動となった。IMG_1228[1]

「横綱白鵬関の詐欺撲滅ポスター」による特殊詐欺被害防止への取り組みについて

2015年08月11日

大崎東部地区防犯協会連合会では、本年7月、大崎市と連携し、同市を訪れた「おおさき宝大使」横綱白鵬関の協力を得て、急増する高齢者を狙った振り込め詐欺等をはじめとする特殊詐欺被害を防止に活用するため、横綱白鵬関が「ちょっと待って それはサギ」の文字が入った黄色地の大きなパネルを持ち、伊藤康志大崎市長と並んで特殊詐欺被害撲滅訴えるポスター(B2版、1,500枚)を作成し、話題になっています。

今回のポスターは、横綱白鵬関が「おおさき宝大使」であったことから使用区域が大崎市内限定という条件付ではあるが、横綱が格安での写真撮影とポスター使用に応じたという経緯があったが、老若男女を問わず知名度の高い横綱白鵬関が地元市長と並んで詐欺撲滅を訴えるポスターであるため、誰が見ても一目でわかる訴求効果の高い取り組みとなっている。

同地区では、今後、このポスターを同市内の各行政区、集会所、公民館、金融機関等に掲示し、各関係機関とも一体となって特殊詐欺撲滅に取り組んでいくこととしている。IMG_1226[1]

防犯ユニット「三本木特殊詐欺なくし隊」の結成について

2015年08月10日

大崎東部地区防犯協会連合会では、急増する高齢者を狙った特殊詐欺被害を防止するため、日頃、高齢者と接触する機会の多い地区内の社会福祉協議会、民生委員児童員連絡協議会、区長会、地域町つくり協議会、ボランティアの会、総合支所、防犯実導隊、古川警察署に働きかけて、関係機関・団体が一致団結して三本木地区内の住民、特に被害となるおそれのある高齢者等に対して特殊詐欺被害防止のための広報啓発活動を推進する「三本木特殊詐欺なくし隊」を結成することで合意し、本年7月27日(月)午前10時30分、大崎市三本木総合支所「ふれあいホール」において関係者43名が出席して結成式を行いました。

結成式では、防犯協会長のあいさつ、古川警察署長の祝辞の後、三本木の象徴である「ひまわり」にちなんで名付けられた「ひまわり作戦」の概要について説明、腕章の交付、セキスイハイム東北㈱から特殊詐欺抑止対策グッズの贈呈があり、及川みや子民生委員が宣言を行って終了した。

今後の具体的な取り組みとしては、地区内の行事でのチラシの配布、各戸訪問による高齢者への広報により、啓発を進めることとしています。

この結成式については、時宜を得た取り組みとして、テレビ局3局、新聞社2社から取材があり、当日のテレビの地元ニュースや翌日の新聞で大きく取り上げられ、紹介されましたが、その後もテレビ局から取材があるなど注目度が高い取り組みになっていますIMG_1223[1]

急増する特殊詐欺防止キャンペーン出動式の開催について

2015年08月05日

IMG_1220[2]

IMG_1219[1]

仙台南地区防犯協会連合会では、急増する高齢者を狙った特殊詐欺被害を防止するため、これまで行ってきた街頭等でのチラシや防犯教室等の対策を更に進め、防犯協会員等が地区内の高齢者宅を数日かけて訪問して高齢者に直接被害防止を呼び掛けるという取り組みを企画し、本年8月4日(火)午前9時から仙台南警察署駐車場において仙台南警察署、宮城県防犯協会連合会、太白区役所、若林区役所、仙台南地区金融機関防犯連絡協議会、セキスイハイム東北㈱等の協力を得て約300人が参加し、出動式を開催しました。

出動式では仙台南地区阿部防犯協会連合会長、斉藤仙台南警察署長のあいさつ、藤田太白区長、井上県防連会長の祝辞、セキスイハイム東北㈱からの被害防止啓発グッズの贈呈の後、仙台南地区副会長が同地区防犯協会員を代表して出動宣言を行い、同地区防犯協会長、警察署長、県防連会長等が見守る中、防犯協会車、青色回転灯付パトロール車に分乗し、地区内の防犯活動に出発しました。

この取り組みにより、特殊詐欺被害の抑止や地域の高齢者の防犯意識の向上、家族への注意喚起にとどまらず、安心して暮らせる地域社会の実現に向けて更なる一歩となることが期待されています。

出動式の様子は、地元テレビ等にも取材され、当日の夕方のテレビのニュースでも紹介されました。

ページ上部に戻る