1. 宮城県防犯協会連合会
  2. 2015 9月 25

地区防連による活動

高倉地区防犯友愛訪問活動について

2015年09月25日

大崎東部地区防犯協会傘下の高倉地区防犯協会では、9月15日(火)、高齢者を犯罪被害から守る対策として、平成14年から民生児童委員との協働で行っている「防犯友愛訪問活動」を実施しました。この日は、特殊詐欺抑止強化日だっただけでなく、この地区は、9月11日の集中豪雨で発生した渋井川の決壊により、浸水等の被害があった一帯でもあったことから、高齢者世帯訪問に当たっては、水害の様子や体調を話題にしながら、鉢花と「ピンと来ましたオレオレ詐欺」のチラシを配り、特殊詐欺被害防止のための対応等を指導したものです。訪問を受けた高齢者からは「一人で心細い時もありますが、こうして来てもらうと安心します。」等の声が聞かれるなど有意義な啓発広報活動になったとのことです。IMG_1267[1]IMG_1268[1]

平成27年全国地域安全運動中央大会において防犯栄誉金章等を受賞

2015年09月25日

9月24日、明治記念館(東京都港区)において、平成27年全国地域安全運動中央大会(主催:公益財団法人全国防犯協会連合会・警察庁)が開催されました。席上、宮城県から防犯功労者(防犯栄誉金章)として鷲尾栄一郎氏(85歳)と近藤淳氏(84歳)が、また、防犯功労団体(社会安全貢献賞)として唐桑町南部防犯協会(代表佐々木喜一氏)がそれぞれ警察庁長官、・公益財団法人全国防犯協会連合会長の連名表彰を受賞されました。

IMG_1264[1]IMG_1265[1]

ページ上部に戻る