1. 宮城県防犯協会連合会
  2. 2016 1月 12

地区防連による活動

丸森地区における年末年始の防犯診断について

2016年01月12日

丸森地区防犯協会では、年末年始地域安全運動期間中の12月20日(日)、丸森まちづくりセンターに同防犯協会員49名が集まり、同地区内の家庭、事業所等を対象に侵入盗予防、自転車盗防止、特殊詐欺被害防止を目的とした一斉防犯診断を実施しました。

防犯診断では、家人を立ち会わせて鍵かけの状況の確認と指導、高齢者に対する特殊詐欺被害防止の呼び掛けを行うとともに、少年のたまり場となりやすい公園、コンビニ等への防犯パトロール、伊具高等学校への自転車盗難被害防止対策の推進について管理者等に直接、呼び掛けと協力要請を行いました。

実施結果は、防犯診断への各家庭等の対応は比較的良好で、防犯に対する意識が高まっていることが確認されたとの報告でした。IMG_1439[1]

豊齢者地域安全研修会等による地域安全対策の推進

2016年01月12日
生出学区防犯協会の研修会

生出学区防犯協会の研修会

仙台南地区防犯協会連合会傘下の山田防犯協会では、11月19日山田市民センターに地域の高齢者66名を集めて豊齢者地域安全研修会を開催し、交番所長、市防連次長等から特殊詐欺被害防止について、仙台市ひと・まち交流財団交通安全指導課長、係長から交通事故防止についてそれぞれ講話をいただき、年末年始における犯罪被害防止や交通事故を起こしたり、被害に遭わないための研修を行いました。講話はわかりやすく、有意義な内容であったため、参加者を中心として地域における安全・安心意識の高揚が促進されたとのことでした。

また、12月6日、生出学区防犯協会では、生出市民センターにおいて、生出駐在所長を講師に講話、質疑、討論等の研修会を行い、地域の高齢者を対象とした防犯意識の高揚に大いに役立ったとの報告がありました。

山田防犯協会の豊齢者研修会

山田防犯協会の豊齢者研修会

ページ上部に戻る