1. 宮城県防犯協会連合会
  2. 2016 3月 30

地区防連による活動

地域中核病院等における防犯研修会等の実施について

2016年03月30日

 大崎東部地区防犯協会連合会では、本年3月15日(火)古川警察署の協力を得て、大崎圏域の中核的病院である大崎市民病院において同病院96名を対象として防犯研修会を行いました。
 同病院は、職員1,400名を擁し、一日にざっと外来患者1,000人、入院患者400人、見舞客400人が出入りする県内有数の医療機関であるため、防犯マニュアル等を作って職員による自主保安体制を強化しているが、常時、人や車の出入りが頻繁で事件事故等の発生も心配されることから、警察署、防犯協会と協議し、職員対象の防犯研修会を開催したものです。
 研修内容は、病院での防犯対策に始まり、事案発生時の対応、看護師等女子職員へのストーカー、つきまとい対策等、多岐にわたるものとなったが、いずれも患者の安全にも関わる問題であったため、参加者は熱心に研修を受けていたとの報告でした。
 同様の研修会は、3月8日(火)にも大崎市古川に所在する片倉病院でも行われました。IMG_1496[1]IMG_1497[1]

ページ上部に戻る