1. 宮城県防犯協会連合会
  2. 2016 4月 5

地区防連による活動

特殊詐欺被害抑止のための南材地区の取り組み

2016年04月05日

 仙台南地区防連傘下の南材地区防犯協会では、本年2月15日(月)、一向に衰えを見せない振り込め詐欺等の特殊詐欺の被害を南材地区から出さないため、若林区役所、仙台南警察署の協力を得て、七十七銀行河原町店、河原町商店街、河原町駅前等において、銀行利用客、商店街通行人、駅利用者等を対象にチラシを配りながら被害防止のための啓発活動を行いました。
 南材地区は、この活動が功を奏してか、その後、特殊詐欺被害が沈静化している状況にあるが、予兆電話は依然として多いことから、同地区防犯協会としては「このままの状態では、いつ沈静化の堰が破られて被害が発生しても不思議ではない」との危機感から、町内会、民生委員、地域包括センターへと連携を広げて研修会や広報活動を進め、特に高齢者への啓発を重点に取り組みを進めており、今後もこの取り組みを継続していきたいとの報告でした。IMG_1498[1]IMG_1500[1]

ページ上部に戻る