1. 宮城県防犯協会連合会
  2. 2016 9月 20

地区防連による活動

鉢花を活用した防犯友愛活動の実施について

2016年09月20日

 大崎東部地区防連傘下の高倉地区防犯協会では、地区の高齢者を犯罪被害から守る対策として、9月14日(月)、古川警察署、民生児童委員等の協力を得て、地区内の高齢者世帯、独居世帯35世帯を対象に訪問活動によるチラシ配布等を通じて、特殊詐欺等の被害の実態や手口等の防犯知識等の広報啓発を行いました。
 同地区では、平成14年から防犯協会と民生児童委員の協働活動としてこの防犯友愛活動を続けており、今回は高齢者世帯一軒一軒に鉢花と防犯チラシを贈り、日頃の様子や健康状態を聞きながら、犯罪や事故に遭わないよう声掛けを行ったところ、訪問先の高齢者からは「一人で心細い時もあるが、こうして地域の人たちに気に掛けて来て貰うと安心なので、ありがたい。」等の感謝の声も聞かれました。
 しかも活動後、参加者全員が高倉地区公民館に集まり、活動の反省を兼ねた情報交換会を行い、古川警察署からも防犯活動時のアドバイス等をいただき、有意義な活動になったとのことでした。IMG_1590[1]IMG_1592[1]

ページ上部に戻る