1. 宮城県防犯協会連合会
  2. 2016 10月 12

県防連による活動

平成28年全国地域安全運動宮城県大会を開催

2016年10月12日

 「安全安心なまちづくりの日」である本年10月11日(火)太白区文化センターにおいて、全国地域安全運動宮城県大会が開催されました。
 同運動が10月11日から20日まで実施されるのに伴い、宮城県防犯協会連合会、宮城県、宮城県警察本部の共催で、県内各地区の防犯関係者、約500人が出席して開催されたものです。
 大会では宮城県防犯協会連合会の姉歯会長が「県民、警察、自治体等の関係機関・団体との連携のもと、地域の安全は地域で守るという防犯意識の普及を図ると共に、地域安全運動の広がりと充実に取り組んでいくこととしている。」旨の挨拶を行い、次いで山田副知事、中尾警察本部長からも挨拶がありました。また来賓を代表して中山県議会議長のメッセージが紹介されました。
 その後、防犯栄誉金章受章者等の紹介と防犯功労者、優良防犯団体及び防犯作文・ポスターコンクール入賞者に対する表彰の後、この度、防犯栄誉金章を受章した仙台北地区防犯協会連合会理事茂泉喜代嗣氏によって大会宣言案が読み上げられ、満場一致で採択されました。
 引き続き、IMG_1620[1]IMG_1634[1]第2部では「広げよう地域資源を活かした防犯活動の輪」と題して、東北福祉大学特任教授金義信氏による記念講演が行われた後、みやぎ防犯広報大使である気仙沼市出身のシンガーソングライター熊谷育美さんと県警音楽隊、カラーガード隊によるミニコンサートが行われ、盛況のうちに大会は閉会しました。

ページ上部に戻る