1. 宮城県防犯協会連合会
  2. 2016 11月 9

地区防連による活動

市民への防犯活動の周知に効果的なJR駅でのキャンペーン

2016年11月09日

 仙台東地区防犯協会連合会では、全国地域安全運動期間中の10月19日、20日の2日間、仙台東警察署、JR仙石線の宮城野駅、小鶴新田駅等の協力を得て両駅構内において、駅を利用する通勤、通学客を対象に防犯チラシ等を配り、特殊詐欺被害防止、自転車盗難被害防止、痴漢、盗撮等の性犯罪被害防止を呼び掛けるキャンペーンを行いました。
 市民を対象にしたアンケート調査で、防犯ボランティア団体の活動の地域住民への認知度が1割程度と指摘される中、本活動のように、全国安全運動期間中に多くの地域住民が利用するJR駅において、2日間にわたって犯罪被害防止キャンペーンを行うことは、市民の防犯意識の高揚のみならず、防犯ボランティアの活動の存在や重要性を認識させIMG_1728[1]IMG_1729[1]る上で効果的な活動と思われます。

ページ上部に戻る