1. 宮城県防犯協会連合会
  2. 2016 12月 19

地区防連による活動

安全・安心まちづくり大会と年末年始特別警戒出動式

2016年12月19日

 この時期、各地区防犯協会連合会では、警察署等との共催で、年末年始特別警戒のための出動式等が行われますが、大崎地区と大河原地区からその様子について報告がありました。なお、両地区の出動式等の様子は後日、新聞等にも大きく掲載されて地区民等に紹介されましたので、年末年始における防犯意識の高揚にも寄与したものと思われます。
 本年12月7日(水)、大崎市民会館大ホールにおいて、大崎東部、西部両地区防犯協会連合会、古川警察署、鳴子警察署等による「大崎安全安心まちづくり大会」と出動式が行われました。会場には、関係団体65団体、約400名が参加し、警察音楽隊によるオープニングアトラクションに続き、市長、古川警察署長の挨拶、大崎交通指導隊による交通安全寸劇、県警本部金野補佐による講演「大崎市における犯罪情勢について」等があった後、会場駐車場に移動し、車両13台等による出動式が行われました。

大河原地区

大河原地区

 12月12日(月)には、大河原警察署駐車場において、同地区防犯協会連合会、同警察署、大河原町、柴田町、村田町、川崎町等関係者100名が参加し、警察署長、同地区防犯協会連合会長(柴田町長)の挨拶、会場に整列した警察官、防犯指導隊員、交通指導隊員等の服装点検が行われた後、警察官や指導隊員がパトカー、青パト等10台に乗車し、参加者に見送られる中、会場から同地区内のパトロールに出発したものです。

ページ上部に戻る