1. 宮城県防犯協会連合会
  2. 2017 4月 19

地区防連による活動

新入学児童の見守り活動について

2017年04月19日

 気仙沼地区防犯協会連合会傘下の北防犯協会、三八沢田防犯協会、魚町防犯協会では、気仙沼警察署、気仙沼小学校、南地区民生児童委員協議会と連携し、本年4月12日から気仙沼小学校の新入学児童29名の登下校を5方面に分かれて見守る活動を開始しました。
 活動では、防犯協会員等が「防犯」と表示されたグリーンの帽子、胴衣、腕章の揃いのユニフォーム姿で新入学児童の登下校に同行し、通学路において児童たちの安全を見守り活動を行いながら、防犯上、交通上の危険箇所では児童等に安全上の具体的な指導を行っているものです。
 同地区では、この活動を児童等が登下校に慣れる4月末まで実施する予定であり、IMG_1803[1]活動状況は地元紙「三陸新報」でも写真入りで紹介されています。

ページ上部に戻る