1. 宮城県防犯協会連合会
  2. 2017 4月 28

地区防連による活動

振り込め詐欺抑止強化日におけるキャンペーンの実施について

2017年04月28日

 地元の多くの高齢者が金融機関に現金を引き落としに訪れる年金支給日であり、振り込め詐欺抑止強化日でもある本年4月14日(金)、仙台東地区、石巻地区、気仙沼地区それぞれの防犯協会連合会では、多発する特殊詐欺の被害を防止するため、地元の金融機関等と連携して金融機関前等で利用客等を対象に特殊詐欺被害防止キャンペーンを行いました。
 仙台東地区では鶴ヶ谷防犯協会等10名が防犯チョッキを着用し、地域包括支援センター等と七十七銀行鶴ヶ谷支店において、利用客にチラシのほかポケットテイッシュ等を配りながら被害防止を呼び掛け
 石巻地区では石巻市防犯協会等10名がが中心となり、揃いの防犯チョッキを着用し、七十七銀行石巻支店前において利用客や通行人を対象にチラシ等を配布して被害防止を呼び掛け
 気仙沼地区では、防犯ジャンバーを着用した気仙沼市防犯協会員が中心となり、北日本銀行気仙沼支店前や唐桑郵便局前、スーパーマーケット前等において、利用客や買物客等にチラシ等を配りながら被害防止を呼び掛けました。
 特殊詐欺は高齢者の被害が多い犯罪なので、高齢者が現金を払い戻すために訪れる年金支給日の金融機関前や買い物に訪れる大型店前等で広報キャンぺーを行うことは効果的な広報活動であり、呼び掛けを受けた高齢者の反応も良好だったとのことIMG_1805[1]IMG_1807[1]です。

ページ上部に戻る