1. 宮城県防犯協会連合会
  2. 2017 6月 5

地区防連による活動

前後浜支部における「青パト」による巡回活動の実施

2017年06月05日

南三陸地区防犯協会連合会「前後浜支部」では、安全で安心できるまちづくり・少年の非行防止と環境浄化活動の推進を目的として定期的に青色回転灯付防犯パトロール車(青パト)により巡回活動を実施しています。巡回中、空き地等で一人遊びをしている子ども等に積極的に「愛の一声運動」を実践しており、子ども達からは「これから気を付けて遊びます、ありがとうございました」と感謝されるなど、支部員は「積極的な声がけを通して子ども達が安心できるような環境づくりに努めたいIMG_1854[1]」と巡回活動に意欲を示しています。

平成29年度通常総会を開催

2017年06月05日

(公社)宮城県防犯協会連合会は、平成29年5月30日午後2時から同4時まで、仙台市青葉区の「パレIMG_1853[1]ス宮城野」において、宮城県知事(代理:河端章好)、中島源陽県議会議長、高須一弘警察本部長等来賓出席の下、平成29年度通常総会を開催しました。通常総会は、会長挨拶、来賓祝辞の後、姉歯会長が議長となり、事務局から3議案について提案し、それぞれ審議されました。議案は、第1号議案が「平成28年度事業報告並びに収支決算報告について」、第2号議案が「理事9名の選任について」、第3号議案が「監事3名の選任について」であり、渡辺専務からそれぞれの議案について説明し、慎重な審議を経て全3議案とも原案どおり承認されました。また、「平成29年度事業計画及び収支予算」、「資金調達と及び設備投資の見込み」について、渡辺専務理事から報告がなされました。通常総会終了後、新たに選出された理事・監事による臨時理事会が開催され、会長には姉歯和郞氏、副会長には安達雄一氏と大槻裕喜氏、専務理事には佐々木昌英氏がそれぞれ選出されました。

ページ上部に戻る