1. 宮城県防犯協会連合会
  2. 2017 8月 1

地区防連による活動

古川駅における痴漢等被害防止キャンペーンの実施

2017年08月01日

大崎東部地区防犯協会連合会傘下の中里北防犯協会では、古川警察署や大崎市役所等と連携し、7月12日(水)、夏場に増加が懸念される痴漢や盗撮等子どもや女性の性被害抑止に向け、JR古川駅において「痴漢等被害防止キャンペーン」を実施しました。キャンペーンには防犯協会・見廻り隊、警察、市役所等から14名が参加、さらに、県警マスコット「みやぎくん」と当協会マスコット「かけるくん」も出動し、駅利用者に対し、啓発用チラシや防犯グッズを配り、痴漢や盗撮等の性被害に遭わないよう注意を呼び掛けました。また、キャンペーンには新聞やテレビ等の報道各社が取材に訪れ、駅利用者からの注目も大きく、利用者からは「ありがとうございます、被害に遭わないように気を付けます」等の声が寄せられたほか、参加者からは「報道機関がいっぱい来て緊張した」と、防犯活動の重要性を再認識するとともに、今後の防犯活動に対する意欲が醸成されるなど、駅利用者や参加者にとっても有意義なキャンペーンになりました。IMG_1888[1]IMG_1886[1]

ページ上部に戻る