1. 宮城県防犯協会連合会
  2. 2017 9月 7

地区防連による活動

気仙沼地区防連で青パト車両2台にドライブレコーダーを設置

2017年09月07日

気仙沼地区防犯協会連合会では、当連合会が所有する青色防犯パトロール車両2台にドライブレコーダーを設置しました。これは全国的にも希なケースであります。当連合会では、宮城県内全域で犯罪の未然防止や検挙に効果がある防犯カメラの普及が進んでいる状況にあることから、傘下の松岩地区防犯協会が中心となり、活動区域内に防犯カメラの設置について検討を重ねてきました。しかし、予算や設置箇所等の問題解決に向けて地域住民との協議必要とされ、実現に向けて長時間を要する状況にありました。そこで、当連合会では、青色防犯パトロール車両にドライブレコーダーを設置し、「動く防犯カメラ」として運用してはどうかとの案が出され、協議した結果、この案が採択され、8月24日、青色防犯パトロール車両2台にドライブレコーダー設置に至ったものです。今後、防犯パトロールと併せ「動く防犯カメラ」として活動を展開することで、その効果が期待されるところです。IMG_1926[1]IMG_1925[1]

ページ上部に戻る