1. 宮城県防犯協会連合会
  2. 2017 9月 29

地区防連による活動

大崎市古川北町保育所において不審者対応訓練を実施

2017年09月29日

大崎東部地区防犯協会連合会では、古川警察署と連携し、子どもと女性の犯罪被害防止対策を推進しているところですが、その一環として、大崎市「古川北町保育所」において警察官を不審者役として「不審者対応訓練」及び園児に対する「防犯教室」を実施しました。訓練は、同防犯協会員と古川警察署生活安全課員により8月24日(木)、同保育所職員及び園児78人を対象として実施しました。訓練の内容については、「不審者に対する複数人での対応、素早い110番通報、園内放送、児童の避難と扉の施錠」について、各職員が任務分担にしたがって実施したほか、刺す股の使用訓練や護身術訓練も実施しました。また、IMG_1944[1]IMG_1945[1]児童を対象として、防犯教室「いかのおすし」を行い、児童に対し誘拐連れ去り等の被害に遭わないように、パネル教材を使用して分かりやすく呼びかけたほか、「いかのおすし」のパンフレットを全児童70名にプレゼントしました。参加した職員からは、「訓練を通して新たに気付いた点も多く、園児や職員を守るために、今後に生かしていきたい。」等の声が寄せられました。

大島防犯協会防犯実働隊による夜間パトロールの実施

2017年09月29日

気仙沼地区防犯協会連合会傘下の大島防犯協会では夏季地域安全運動期間中、島民や観光客を対象とした夜間防犯パトロールを実施しました。大島防犯協会では、夏季期間中は、観光客も多く、さらに子供達が夏休みとなり、各種犯罪や少年非行が懸念されたことから、防犯実働隊が中心となり、警察や関係機関と連携し、毎週月曜日と木曜日を除いた5日間、島内のパトロールを実施しました。パトロールは、防犯実働隊員16人が4班に分かれ、午後8時から同10時までの2時間、交通安全協会の広報車を借り上げ、仮設住宅や災害公営住宅等も含め、島内全域をくまなく巡回し、家庭におけるカギかけの励行や、少年の非行防止等について呼び掛けを行いました。今回の活動は、長期間にわたり、島内全域にわたり防犯広報を行ったことにより、IMG_1943[1]IMG_1942[1]犯罪や少年非行の発生もなく、改めて、島民の防犯意識の高まりが見られるなど、大きな成果が得られました。

ページ上部に戻る