1. 宮城県防犯協会連合会
  2. 2017 10月

地区防連による活動

仙台第二高等学校前において自転車盗難防止キャンペーンを実施

2017年10月04日

仙台中央地区防犯協会連合会傘下の亀岡防犯交通安全協会では、警察や学校等と連携し、仙台第二高等学校前交差点において、通学・通勤者等を対象に、自転車盗難防止等キャンペーンを実施しました。キャンペーンは、9月22日(金)、防犯交通安全協会員等約30名が参加し、児童生徒や大学生・会社員等の通行量の多い仙台第二高等学校前交差点において実施しました。参加者は制服や防犯活動用のベストを着用し、のぼり旗を掲げ、全国地域安全運動の開催に向けた広報と窃盗犯の約3割を占める自転車の盗難防止に向け、登校中の学生や通勤中の会社員等に対し、チラシや防犯グッズを配布し、被害防止を呼びかけました。今回のキャンペーンは、通学・通勤時間帯に実施したことにより、幅広い年齢層に広報を行うことができ、大きな成果が期待されます。IMG_1950[1]IMG_1951[1]

JR仙台駅前において痴漢・盗撮等被害防止キャンペーンの実施

2017年10月04日

仙台中央地区防犯協会連合会は、仙台中央地区企業防犯連絡協議会等と連携し、JR仙台駅西口ペデストリアンデッキ上において、痴漢や盗撮・特殊詐欺被害防止キャンペーンを実施しました。仙台中央地区防連や仙台中央地区企業防連は、「犯罪は0、安心が1番」をスローガンに掲げ、毎月10日前後に、仙台駅前において「イチ・ゼロ運動」を実施し、地域の安全・安心創りに寄与しているところです。今回のキャンペーンは、9月8日(金)、関係者等約30名が参加し、未だ増加傾向にある特殊詐欺や子どもや女性を狙った痴漢や盗撮の被害防止に向け、人通りが絶えない仙台駅西口ペデストリアンデッキ上で、のぼり旗を掲げ、通行人に対し、IMG_1948[1]IMG_1949[1]チラシや防犯グッズを配布し、被害防止を呼びかけました。

自主防犯ボランティア「わらすこかたり隊」による児童生徒見守り活動の実施

2017年10月03日

登米地区防犯協会連合会では、自主防犯ボランティア団体や中学生ボランティア等と連携し、活動区内の小学校児童の見守り活動と各種犯罪被害防止を呼びかける広報啓発活動を実施しました。当連合会では、登米警察署や自主防犯ボランティア「わらすこかたり隊」、中学生ボランティア4T隊(登米中学校生徒)、登米中学校、登米小学校と連携し、総勢20名参加の下、9月22日(金)、登米小学校前において見守り活動を実施しました。参加者は、登校する児童に対し、「おはようございます」の朝の挨拶とともに、チラシや防犯グッズを配布し、交通事故防止や各種犯罪被害防止を呼びかけました。IMG_1947[1]IMG_1946[2]

ページ上部に戻る