1. 宮城県防犯協会連合会
  2. 2017 10月 26

地区防連による活動

レースクイーンを「安全安心クイーン」に任命し街頭キャンペーンを実施

2017年10月26日

 大河原地区防犯協会連合会は、警察署や村田町役場等と連携し、全国地域安全運動の活動の一環として、地元スポーツランドSUGO所属のレースクイーンを「安全安心クイーン」に任命し、防犯協会員等とともに街頭キャンペーンを実施しました。
 キャンペーンは、10月14日(土)、道の駅村田において、警察署が「安全安心クイーン」に任命したレースクイーンが防犯協会員や警察署員、役場職員、村田高校生徒等約25名とともに、来店客等に対し、チラシや防犯グッズを配布しながら「不審な電話には落ち着いて対応してください」などと訴え、特殊詐欺の被害防止を呼びかけました。IMG_2055[1]IMG_2056[1]

全国地域安全運動仙台市大会の開催並びに街頭キャンペーンの実施

2017年10月26日

 仙台市防犯協会連合会では、10月13日(金)、仙台市シルバーセンター「交流ホール」において、仙台市との共催で、全国地域安産運動第29回仙台市大会を開催、防犯関係者約360人が参加しました。大会では、郡仙台市長と安達市防連会長が挨拶を行い、続いて仙台市長と市防連会長連名表彰として防犯功労団体7団体、防犯功労者10名に対し、市防連会長から表彰状と記念品が贈られ、さらに、防犯指導隊員と女性部員の永年勤続者72名、退任者12名に対し、市長から表彰状・感謝状と記念品が贈られました。表彰式終了後、来賓の警察本部長と市議会議長から祝辞がありました。次に、大会宣言に移り、大会宣言(案)は、姉歯副会長が朗読し、満場の拍手で採択されました。その後、アトラクションとして仙台シニア劇団「まんざら」によるオレオレ詐欺・還付金詐欺「騙されないで!特殊詐欺!」の演題で寸劇、さらに、警察本部生安企画課堀籠課長補佐による「最近の特殊詐欺の傾向及び防止のポイント」について講演がありました。
 大会終了後は、JR仙台駅西口において、大会役員や参加者等約50名により、街頭キャンペーンが行われ、通行人等にチラシ等を配布し、盗難や特殊詐欺被害防止を呼びかけ、市民の防犯意識の高揚と啓発に努めました。IMG_2049[1]IMG_2052[1]

ページ上部に戻る