1. 宮城県防犯協会連合会
  2. 2017 12月 20

活動内容

気仙沼地区で年末年始特別警戒・交通事死亡故抑止警戒出動式を実施

2017年12月20日

 気仙沼地区防犯協会連合会では、12月15日から実施される「年末年始特別警戒」に先立ち、気仙沼警察署駐車場において、当防犯協会を始め、防犯・交通安全等関係機関団体関係者が一堂に会し、出動式を実施しました。今回の出動式は、犯罪抑止に加え、交通死亡事故抑止も目的とし、気仙沼市内の安全・安心まちづくりの実現に向けて、交通安全協会等交通安全関係機関団体と連携し、12月13日(木)、気仙沼警察署駐車場において、関係者約200人が参加して実施されました。出動式では、気仙沼市観光キャラクター「海の子ホヤぼーや」が「一日警察署長」に委嘱され、さらに、市内の愛耕幼稚園の園児より気仙沼警察署へ応援メッセージが送られました。この後、パトカーなど17台が園児らに手を振って見送られ、各方面へ出動しました。IMG_2110[1]IMG_2111[1]

登米地区防連が環境美化奉仕団と防犯広報活動を実施

2017年12月20日

 登米地区防犯協会連合会では、登米町環境美化奉仕団や警察署と連携し、特殊詐欺被害防止やゴミの不法投棄・不法焼却等各種犯罪防止を呼びかける広報啓発活動を実施しました。
 活動は、年末年始を控え、振り込め詐欺等特殊詐欺被害や空き巣等の侵入犯罪の増加、ゴミの不法投棄等犯罪の増加が懸念されたことから、12月1日(金)、防犯協会員や警察署生活安全課員、登米町環境美化奉仕団等15名が参加し、班編成の上、登米町内200世帯を訪問して実施しました。
 各参加者は、活動用の帽子やブルゾンを着用し、各家庭を訪問するに当たっては、特殊詐欺被害防止やゴミの不法投棄等防止に向けたチラシや防犯グッズを配布し、各種IMG_2105[1]IMG_2106[1]犯罪の被害防止等を呼びかけました。
 訪問を受けた地域住民からは、「最近、新聞等で振り込め詐欺の被害が騒がれているので、今日の話しを参考にして被害に遭わないようにしたい。」等の話しがあり、被害防止等に向け、大きな効果がみられました。

ページ上部に戻る