1. 宮城県防犯協会連合会
  2. 県防連会長が「みやぎ防犯パトロール隊」の出発式に出席して隊員を激励

県防連による活動

県防連会長が「みやぎ防犯パトロール隊」の出発式に出席して隊員を激励

2014年04月17日

隊員を激励する井上会長

隊員を激励する井上会長

 平成26年4月17日、宮城県警察本部前駐車場において「みやぎ防犯パトロール隊」の出発式が行われ、宮城県防犯協会連合会から井上恭司会長が来賓として出席し隊員を激励いたしました。
 
 防犯パトロール隊は、宮城県警察が緊急雇用創出事業を活用して、東日本大震災による雇用の確保及び治安確保を目的に、被災者を警備員として雇用し、徒歩及び青色パトロール車によるパトロール活動を県内全域で実施するもので、本年度は警備員136名、車両68台で平成27年3月31日まで行われます。
 出発式には、隊員(警備員)約40名、車両20台が集まり、岡崎県警生活安全部長が挨拶の後、県防犯協会連合会の井上会長が「刑法犯は減少しているものの振り込め詐欺や子どもや女性が被害となる事案が増加しているするなど厳しい情勢が続いている。犯罪の発生実態等を把握の上、効果的なパトロール活動を積極的に行い、安全・安心・安定を願う地域住民の期待に応えていただきたい。」旨の激励を込めた祝辞を述べた。
 その後、代表者が決意表を行い、パトロール車がそれぞれ担当地区に向けて出発しました。
IMG_0713[1]IMG_0714[1]

県防連による活動

ページ上部に戻る