1. 宮城県防犯協会連合会
  2. 大崎市に働きかけて駅駐輪場に防犯カメラ4台設置

地区防連による活動

大崎市に働きかけて駅駐輪場に防犯カメラ4台設置

2015年11月09日

大崎東地区防犯協会連合会では、古川警察署、JR古川駅、古川まちづくり協議会等と連携し、かねて自転車盗難が多い場所として懸案となっていたJR古川駅南口コーンコースと同駅無料駐輪場に防犯カメラの設置を検討・協議を行って来たが、このほど大崎市が連合会等の要望を受け、防犯カメラを設置したため、10月14日(水)同所において、防犯カメラ運用開始式が行われたものです。

今回、設置された防犯カメラは、録画装置一体型で、無線でパソコンと繋ぎ、画像データーをダウンロードできるものでIMG_1401[1]IMG_1402[1]、駐輪場内に4台設置され、管理は大崎市が行います。運用開始式には、古川警察署長、JR古川駅長、大崎市役所危機管理監等関係者40人が出席しました。同防犯協会連合会では、運用にあわせて同所に自転車盗難防止看板を設置したほか、自転車商業協同組合の協力を得て、駐輪自転車の無料点検も行いました。

地区防連による活動

ページ上部に戻る