1. 宮城県防犯協会連合会
  2. 防犯実働隊OBによる見守り活動の実施について

地区防連による活動

防犯実働隊OBによる見守り活動の実施について

2016年01月04日

平成18年、古川市、三本木町等が合併して大崎市が誕生し、それに伴って同市の防犯実働隊条例が制定されたため、それまで三本木町が条例で設置していた防犯実働隊も解散し、新たに防犯実働隊員が任命され、現在に至っている。

このため、三本木町当時の防犯実働隊員が長年の防犯活動で培ってきた経験や知識を生かして「子どもの見守り」や「各種犯罪の未然防止活動」を行うことにより、安全・安心な地域づくりに貢献することを企画し、三本木防犯協会や古川警察署等の指導を受けながら「三本木館山ボランティアの会」を結成、現在地元防犯協会等と連携して地元小学校の下校時の見守り活動を行っているものである。IMG_1436[1]

昨年12月下旬の2学期終業式にも同ボランティアの会は、児童の安全を願い、防犯協会、古川警察署、三本木支所職員等と共に三本木小学校通学路等において子どもたちの見守り活動を行い、その後、関係機関、防犯団体等と防犯交流会を開催し、活動状況等について情報交換を行い、これからも連携を密にして活動して行くことを確認したとの報告がありました。

地区防連による活動

ページ上部に戻る