1. 宮城県防犯協会連合会
  2. 地区の「福祉のつどい」での特殊詐欺防止寸劇が好評

地区防連による活動

地区の「福祉のつどい」での特殊詐欺防止寸劇が好評

2016年03月14日

大崎東地部地区防連三本木地区防犯協会では、古川警察署等の協力を得て、2月27日(土)、三本木総合支所ふれあいホールで開催された「第3回三本木福祉のつどい」において、特殊詐欺防止のための防犯寸劇を行い、このつどいに参加した地域住民から好評を得ました。
 このつどいは三本木地区福祉のつどいであったため、当日会場には地域の高齢者約200名が参加し、当初の予定では高齢者の福祉や健康等が中心の内容であったが、三本木地区防犯協会が主催者と事前協議の上、古川警察署や三本木特殊詐欺なくし隊の協力を得て、当日のプログラムの一つとして特殊詐欺防止寸劇「だまされてだめだっちゃ だまされたふり作戦」を行ったものです。
 寸劇は、言葉巧みな犯人役、騙される高齢者役、警察官等に扮した7名で演じられたものであったため、内容がわかりやすく、笑いもあったことから参加した高齢者からは大変好評だったとの報告でした。IMG_1489[1]IMG_1490[1]

地区防連による活動

ページ上部に戻る