1. 宮城県防犯協会連合会
  2. 犯罪の起きにくい社会づくりについて

活動内容

犯罪の起きにくい社会づくりについて

2016年06月14日

 仙台中央地区防連傘下の東二番丁防犯・交通安全協会等は、仙台中央警察署、同地区万防協、同地区少年補導員協会等との共催で、4月26日(火)午後3時30分から(株)藤崎本館西側において、少年非行防止及び犯罪被害防止等を目的とした非行防止キャンペーンを開催しました。
 キャンペーンは、会長、警察署長のあいさつ、五橋中学校吹奏楽部によるミニコンサートの後、参加者がサンモール一番町、クリスロード東二番丁通りなど3か所において、通行人に対し、万引き自転車盗、街頭犯罪、薬物乱用等防止とフィルタリング普及促進を呼び掛けながら広報紙、キャンペーングッズ等を配布しました。
 通行人の多い繁華街で、地元中学校吹奏楽部のミニコンサートを盛り込んでのキャンペーンだったので、多くの人の注目を集めることができたとの報告でした。
 また、同地区亀岡防犯交通安全協会でも4月12日(火)午前7寺30分から宮城県美術館南東側交差点で、東北大学や市交通局、仙台中央警察署の協力を得て、通行する自転車等を対象として広報チラシやワイヤー錠を配布し、自転車の盗難被害防止の広報を行いました。

ミニコンサートの様子

ミニコンサートの様子

[caption id="attachment_4595" align="alignleft" width="150" caption="自転車盗難防止キャンペーン"]自転車盗難防止キャンペーン[/caption]

活動内容一覧

ページ上部に戻る