1. 宮城県防犯協会連合会
  2. 大型スーパーにおける無差別殺傷事件対応訓練の実施

活動内容

大型スーパーにおける無差別殺傷事件対応訓練の実施

2016年08月10日

 大崎東部地区防連では、本年6月21日、北海道釧路市所在の大型スーパー「イオン釧路店」内において、来店客4人が被害となる通り魔による無差別殺傷事件が発生したことを受け、7月9日(土)、古川警察署と連携し、大崎市内のイオン古川店において、無差別殺傷事件対応訓練を行いました。
 訓練は、同店内で刃物を所持した犯人が、突然買い物客に襲いかかり、怪我を負わせたという想定で行われ、参加した同店店員23名は避難誘導や救護措置、警察への通報、犯人への対応等について実践的な訓練を行ったものです。
 訓練の後、参加した店員等からは
     重大事件が発生したら大きな声で周囲に知らせること。
     現場の近くには野次馬を近づけないこと。
     無理に犯人を捕まえるのではなく、怪我人やお客様の安全確保を第一に考えて行動するのが重要で
    あること。
等が分かったとの声が聞かれました。
 大崎東部地区防連では、その後の7月26日神奈川県内の知的障害者福祉施設で19人が刺殺された事件の発生を受け、IMG_1576[1]古川警察署と連携し、地区内の各種施設等を含めて突発事件対応訓練を継続的に実施していくことを検討しています。

  

活動内容一覧

ページ上部に戻る