1. 宮城県防犯協会連合会
  2. 敬老会における特殊詐欺防止出前講話の実施

地区防連による活動

敬老会における特殊詐欺防止出前講話の実施

2016年10月04日

 大崎東部地区防連では、高齢者等を対象とした特殊詐欺被害がたえないことから、古川警察署と連携し、9月16日(金)、同市内の「アインパルラ浦島」において開催された大崎市荒雄地区の敬老会において、イベントの一つとして参加した高齢者300名を対象に古川警察署生活安全係長を講師として特殊詐欺被害防止の出前講話を行いました。
 講話は、特殊詐欺の手口や防止対策についての実例をもとに内容だったことから、参加者からは
    ・ 自分だけは特殊詐欺にひっかからないと思っている人に限って被害者となってしまうことが多いと聞いて過信は禁     物と思った。また現金をレターパックや宅配便で送金させるのは100%詐欺であることがわかった。
    ・ 東京オリンピックや熊本地震の義援金、寄付名目等、犯人はありとあらゆる方法でお金をだましとろうとしているこ     とがよくわかった。
などの具体的な感想が聞かれるなど、「とき、ところ、対象」を得た広報効果の高いIMG_1593[1]IMG_1594[1]講話になったものと思われました。 

地区防連による活動

ページ上部に戻る