1. 宮城県防犯協会連合会
  2. 病院でのタイミングを捉えた防犯研修会

会議等

病院でのタイミングを捉えた防犯研修会

2016年11月28日

 大崎東部地区防犯協会連合会では、神奈川県内の障害者施設で発生した大量殺人事件や同県の病院で発生した点滴パックへの異物混入事件を受けて、古川警察署と連携し、病院職員に対する防犯意識の高揚を図るため、本年11月中旬、地区内の3つの病院において、防犯研修会、不審者対応訓練を実施しました。
 実施した病院は、11月16日(水)、大崎市古川の永仁会病院(参加した職員95名)、17日(木)、大崎市古川の古川駅前岡本クリニック(参加した職員4名)、18日(金)、大崎市鹿島台の旭山病院(参加した職員40名)で、研修会では、古川警察署員を講師に普段からの心構え、不審者が侵入した際の対応要領、さらには刺股やネットランチャー等の護身用具の使用方法等について実技を含めて研修を行いました。
 研修に参加した職員からは、「病院は病気の人や家族、見舞客、出入業者等々、一日中様々な人が出入りするので日頃から防犯意識を持つことや声掛け、事件発生時の入院患者や利用者等の安全確保、警察への通報等、日頃の訓練の大切さを認識させられた。」等の意見や感謝の声が聞かれるなど、研修会としては有意義なものとなりましたとの報告でした。
 最近の犯罪情勢や事件事例を踏まえ、記憶が新しく、関心が高いうちに、関係機関や病院等の協力を得て、このような防犯研修会を開催することは職員や患者を守るために効果的な取り組みと思われます。但し、業種によっては忙しい時間帯もあるため、その手法を検討した上で行うことも必要と思われます。今回の永仁会病院の研修会でIMG_1742[1]IMG_1743[1]は、午後6時からパワーポイントを活用して実施し、多くの職員に参加していただき、旭山病院では冒頭に院長からも挨拶をいただいています。退屈だと言われがちな防犯研修会に今回のような映像の活用や実技を取り入れるなどの工夫も大事だと思われます。

地区防連による活動

ページ上部に戻る