1. 宮城県防犯協会連合会
  2. 地域の犯罪被害の実態を考えた防犯活動の実施

地区防連による活動

地域の犯罪被害の実態を考えた防犯活動の実施

2017年01月26日

 仙台南地区防連傘下の南材地区防犯協会では、地区内で、自転車盗や高齢者への不審な電話が多くなっていることを受け、仙台南警察署と若林区役所の協力を得て、12月15日、七十七銀行河原町支店付近、河原町商店街、地下鉄河原町駅前等において、銀行、地下鉄利用者や通行人等を対象に特殊詐欺と自転車盗被害防止のための注意チラシと防犯グッツを配布しながら防犯広報活動を行いました。
 しかも高齢者はこのような不審電話を受けてもすぐに通報したり、相談することは少なく、自転車の盗難についても被害にあったこと自体を安易に考えて届け出ないことが多いため、表に出て来ないで潜在していると思われることから、今後、防犯協会としてはIMG_1771[1]IMG_1772[1]、防犯教室等を開催しするなどきめ細かな活動を行って被害防止意識を浸透させていく考えであるとの報告でした。

地区防連による活動

ページ上部に戻る