1. 宮城県防犯協会連合会
  2. 高齢者向け「お茶っこ飲み会」における他団体と連携した多目的な取り組み

地区防連による活動

高齢者向け「お茶っこ飲み会」における他団体と連携した多目的な取り組み

2017年02月14日

 大崎東部地区防犯協会連合会では、近年、高齢者が被害に遭うおそれの高い特殊詐欺が多発傾向にあることから、その被害防止を図るため、大崎市社会福祉協議会、古川警察署と連携し、同福祉協議会が、大崎市内に居住する高齢者を対象に毎月地区毎に行っている「お茶っこ飲み会」において、防犯講話を行いました。
 防犯講話は、2月3日古川北宮沢地区の高齢者を対象に大崎市下前田集会所において、古川警察署清滝駐在所長が講師となって行われましたが、特殊詐欺の種類や具体的な手口等を実例を交えた講話であったため、分かりやすいとの反応であり、またこれと合わせて交通安全や健康についての講話も行われたことから、参加者からは有意義な「お茶っこ飲み会」になったとの評価が寄せられました。
 今回のように既存の集まりや企画と連携し、防犯講話だけでなく、交通や健康問題等、高齢者が関心あるテーマを題材とした多目的な取り組みは参加者にIMG_1780[1]IMG_1781[1]は好評のようです。
 

地区防連による活動

ページ上部に戻る