1. 宮城県防犯協会連合会
  2. 駅駐輪場での合同キャンペーンによる看板の一新と自転車の無料点検

地区防連による活動

駅駐輪場での合同キャンペーンによる看板の一新と自転車の無料点検

2017年03月23日

 大崎東部地区防犯協会連合会では、地区内のJR古川駅周辺での事件事故が多発傾向にあることを受けて、古川警察署、大崎市、少年補導員協会、宮城県自転車軽自動車商業協同組合と連携し、本年3月10日(金)午後3時から、JR古川駅東口第二駐輪場において、犯罪防止と少年非行の防止を目的とした合同キャンペーンを行いました。
 キャンペーンでは、JR古川駅利用者や通行人を対象に自転車盗難防止や特殊詐欺被害防止のほか少年非行防止に関するチラシ、防犯グッズを配布しながら安全安心なまちづくりへの参加と協力を呼び掛けました。併せて既設の自転車盗難防止の看板を「防犯カメラが見ています。」の看板に一新したり、宮城県自転車軽自動車商業協同組合の協力により自転車の無料点検を実施したことから、市民からは「防犯カメラの設置とその表示がされたので安心して駐輪場を使えるようになった。」「自転車の無料点検をしてもらい、ありがたい。」といった好意的な反響が寄せられるなど、合同キャンペーンの強みが発揮されたIMG_1790[1]IMG_1791[1]重層的で有意義なキャンペーンになったようでです。

 

地区防連による活動

ページ上部に戻る