1. 宮城県防犯協会連合会
  2. 翻訳文付き横断幕等による犯罪被害防止キャンペーン

地区防連による活動

翻訳文付き横断幕等による犯罪被害防止キャンペーン

2017年05月02日

 津山地区防犯協会では、4月15日、春の地域安全運動の一環として、会員等が防犯ジャンパーを着用し、同地区内で未だに予兆電話が後を絶たない特殊詐欺の被害を防止を呼び掛けるため、同地区内で人通りの多い場所である、津山中学校前交差点と道の駅「津山」の2か所に、特殊詐欺被害防止と安全安心なまちづくりの横断幕を掲出しました。
 また、仙台東地区防連の榴岡防犯協会でも4月13日、仙台東警察署や宮城区役所等と連携し、自転車の盗難被害が多く発生しているBiVi仙台駅東口9階自転車置き場において、自転車盗難被害防止を呼び掛ける横断幕を掲出しました。
 しかもこの場所で盗難被害に遭っている被害者はベトナム人やネパール人等が目立っていることから横断幕にはこれらの4か国の言葉に翻訳した注意喚起文も掲出したものであり、この取り組みは4月15日の河北新報でも紹介されIMG_1812[1]IMG_1813[1]た。
 

地区防連による活動

ページ上部に戻る