1. 宮城県防犯協会連合会
  2. 「暑中見舞いはがき」を活用した特殊詐欺被害防止活動出動式の開催

地区防連による活動

「暑中見舞いはがき」を活用した特殊詐欺被害防止活動出動式の開催

2017年09月06日

気仙沼地区防犯協会連合会では、これまで特殊詐欺の被害防止に向け、警察等と連携し、高齢者を対象とした防犯講話やキャンペーン等を展開してきましたが、市内全世帯にまで行き届いていないのでは、という懸念がありました。こうした課題に対し、郵便局等の協力もあり、全世帯に周知する手段として、特殊詐欺の被害防止を喚起する「暑中見舞いはがき」を配布する、という案が出されたことから、この企画を立ち上げたところ、資金源として市内151事業所の協賛を得ることができ、市内全世帯(約27,000世帯)へ配布することに決定しました。そこで、「暑中見舞いはがき」を配布するに当たり、当連合会副会長以下30名、気仙沼警察署長以下30名、市内郵便局長2名、他集配バイク10台が出席し、8月10日、気仙沼警察署駐車場において、盛大に出動式を開催したものです。今IMG_1920[1]IMG_1935[1]回の活動により、これまで広報活動が行き届かなかった世帯への周知に大きな効果が期待されるものです。

地区防連による活動

ページ上部に戻る