1. 宮城県防犯協会連合会
  2. 大崎東部地区防犯協会連合会が警察本部通信指令室等を見学

活動内容

大崎東部地区防犯協会連合会が警察本部通信指令室等を見学

2017年10月23日

大崎東部地区防犯協会連合会では、全国地域安全運動宮城県大会に参加する防犯協会員や警察署生活安全課員、大崎市職員22名が大会当日の午前中に、警察本部通信指令室や交通管制センターを見学しました。IMG_2043[1]IMG_2044[1]参加者は、10月12日(木)、日頃の防犯活動において、子ども見守り活動等を実施していますが、活動中の緊急時における正しい110番通報を学ぶため、宮城大会が開催される前の午前中を利用し、通信指令室等の見学を実施したものです。参加者からは、「110番通報がどのように受理され指令されるのか、また、交通管制センターの仕組みがわかり、大変ためになった。今度は地区のみんなを連れて見学したい」等の意見が寄せられるなど、大変好評でした。

活動内容一覧

ページ上部に戻る