1. 宮城県防犯協会連合会
  2. 三本木小学校における終業式後の「見守り活動」の実施

地区防連による活動

三本木小学校における終業式後の「見守り活動」の実施

2018年01月12日

 大崎東部防犯協会連合会では、傘下の三本木地域防犯協会や警察署と連携し、三本木小学校の終業式終了後の集団下校出発時刻を捉え、事故のない安全安心な年末年始を過ごしてもらうため、見守り活動を実施しました。
 三本木小学校は、学区が広く、登下校の際は、徒歩による集団下校とスクールバスを運用しての送迎を行っていることから、12月22日(金)の終業式当日、防犯協会員や警察署員5名が参加し、集団下校時間帯に、小学校校門付近において、同校生徒に対し「犯罪被害防止、非行防止、冬休み中の事故防止」等について注意を呼びかけました。下校する生徒達からは、「お母さんのいうことを聞いて、事故に気を付けます」、「冬休みは、元気にたくさん遊びます」などの声が寄せられました。IMG_2140[1]IMG_2141[1]

地区防連による活動

ページ上部に戻る