1. 宮城県防犯協会連合会
  2. 県防連による活動

活動内容

県防連が「令和3年度第1回理事会」を開催

2021年05月14日

(公社)宮城県防犯協会連合会は、5月7日(金)午後1時30分から、宮城県多賀城分庁舎会議室において、理事10名中6名、監事3名が出席し、「令和3年度第1回理事会」を開催しました。冒頭、姉歯和郎会長が「コロナの感染拡大防止に十分配意しながら、県警察や関係機関・団体等と連携し、効果的な防犯活動に取り組み、安全で安心して暮らせる地域社会の実現に貢献しましょう」と挨拶を行いました。その後、提案のあった5議案について審議が行われました。提案された議案は、第1号議案「令和2年度事業報告並びに収支決算について」、第2号議案「会費等取扱規程の改正について」、第3号議案「理事・監事候補者の承認について」、第4号議案「顧問・参与の就任について」、第5号議案「通常総会の招集について」で、審議の結果全て原案どおり承認されました。なお、令和3年度通常総会は、5月26日(水)午後2時から「ホテル白萩」において、開催規模を縮小して行うほか、その後に臨時理事会を開催して会長、副会長及び専務理事を選任することとしております。

県防連が「令和2年度第2回理事会」を開催

2021年03月25日

(公社)宮城県防犯協会連合会は、3月25日(木)午前11時から、宮城県多賀城分庁舎会議室において、理事10名中9名、監事3名が出席し、「令和2年度第2回理事会」を開催しました。姉歯和郎会長の挨拶の後、提案のあった4議案について審議が行われました。審議された議案は、第1号議案「令和3年度事業計画並びに収支予算について」、第2号議案「資金調達及び設備投資の見込みについて」、第3号議案「事務局職員の採用について」、第4号議案「賛助会員の入会承認について」で、審議の結果、全て原案どおり承認されました。なお、今後の会議日程については、「令和3年度第1回理事会」が5月7日(金)宮城県多賀城分庁舎会議室において、「同通常総会」が5月26日(水)仙台市青葉区「ホテル白萩」において、それぞれ開催することとしております。

高砂防犯協会に「青色回転灯付防犯パトロール車」が配備

2021年03月18日

仙台東地区防犯協会連合会は、自主防犯パトロールの促進を図るため「青色回転灯付防犯パトロール車(青パト)」の配備をかねてから希望していたところ、全国防犯協会連合会から「青パト(宝くじ号)」を譲渡された宮城県防犯協会連合会は、同地区防連高砂防犯協会にこの「青パト」を配備することとしました。この「引渡式」は3月9日(火)、仙台東警察署において開催され、県防連会長や仙台東警察署長、仙台東地区防連会長、高砂防犯協会長ら関係者10人が出席しました。県防連会長から高砂防犯協会長に「ゴールデンキー」の引渡しが行われ、続いて、県防連会長や仙台東警察署長から「青パトの積極的な運用によって、地域住民の皆さんが安全で安心して暮らせる地域社会を実現していただきたい」などと挨拶、高砂防犯協会長からは「青パトの積極的な活用により安全・安心な地域社会の実現に努めたい」などと謝辞と決意が述べられました。

宮城県防連、宮城県警が「2021年版防犯カレンダー」を作成

2020年12月08日

(公社)宮城県防犯協会連合会と宮城県警察では、例年、青少年の規範意識の向上及び防犯意識の啓発を目的に、県内の小中学校及び高等学校の児童・生徒から、防犯作文・ポスターを募集しており、今年も甲乙つけがたい優秀な作品が数多く寄せられました。

8月20日(木)に行われた「令和2年防犯ポスターコンクール」で入選した18作品について、このほど、これら防犯ポスターの作品を活用した『2021年版防犯カレンダー』が仕上がりました。

今年もご協賛いただきました団体様のご協力、ご支援によって、約13,000枚のカレンダーを作成することができました。これを県内25警察署内にあります各地区防犯協会連合会を通じて各家庭や学校、事業所等に配布し1年を通して県民の方々に対する地域安全思想の普及や啓発等、幅広く活用することとしています。

【2021年版防犯カレンダー】

 

 

 

公益社団法人宮城県防犯協会連合会で令和2年度第1回理事会を開催

2020年05月18日

公益社団法人宮城県防犯協会連合会は、令和2年5月11日(月)午後1時30分から同3時まで、県防連が所在する宮城県多賀城分庁舎2階会議室において、代表理事、専務理事を含む理事9名中6名と監事3名が出席し、令和2年度第1回理事会を開催しました。理事会は、姉歯会長の挨拶の後、定款の定めにより、姉歯会長が議長となり、4議案について提案がなされ、それぞれ審議が行われました。議案は、第1号議案「令和元年度事業報告並びに収支決算について」、第2号議案「理事候補者の承認について」、第3号議案「通常総会の招集について」、第4号議案「賛助会員の入会承認について」、専務理事から各議案についての説明がなされ、慎重な審議を経て、4議案とも原案どおり承認されました。なお、令和2年度通常総会については、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、最小限の出席者により、予定どおり、5月27日(水)午後2時から「パレス宮城野」において開催することとなりました。また、本総会をもって専務理事が辞任することに伴い、総会終了後、臨時理事会を開催し、後任の専務理事を選任することとしております。

宮城県防犯協会連合会で令和元年度第2回理事会を開催

2020年04月10日

(公社)宮城県防犯協会連合会は、令和2年3月27日(金)午前11時から、県防連が所在する宮城県多賀城分庁舎会議室において、理事9名中8名、監事3名が出席し、「令和元年度第2回理事会」を開催しました。姉歯会長の挨拶の後、定款の定めにより、会長が議長となり、提案のあった5議案について審議が行われました。審議された議案は、第1号議案「令和2年度事業計画並びに収支予算について」、第2号議案「資金調達及び設備投資の見込みについて」、第3号議案「事務局職員の採用について」、第4号議案「賛助会員の入会承認について」、第5号議案「パートタイム職員就業規則(案)の策定について」の5議案で、審議の結果、全て原案どおり承認されました。
なお、今後の会議日程として、令和2年度第1回理事会は、令和2年5月11日(月)午後1時30分から、宮城県多賀城分庁舎会議室において開催、通常総会は、5月27日(水)午後2時から、仙台市青葉区「パレス宮城野」において開催する予定です。

沿岸ブロックで「ホットスポットパトロール実戦塾」を開催

2020年02月14日

宮城県防犯協会連合会では、県警察と共催で、1月30日(木)、石巻市河北総合センターにおいて、沿岸ブロック等で青色防犯パトロール等自主防犯活動を実施している団体構成員や防犯CSR活動実施従事者、自治体防犯担当者等を対象に「ホットスポットパトロール実戦塾」を開催しました。実戦塾は、各地区関係者約100名の参加の下、犯罪社会学・警備保障論を専門とされている「仙台大学准教授 田中智仁氏」を講師に招き、「日常に潜む犯罪の危険 ~街・家族・そして自分を守るために~」と題して、各地区の危険地域を写真で取り上げ、防犯パトロールを実施する際の危険個所(ホットスポット)の選定、着眼点、パトロールの実施方法等について個々具体的に講義を受けました。本実戦塾は、侵入犯罪や子ども女性を狙った性犯罪等の被害防止に向けた基本的な活動である「防犯パトロール」を効率的かつ効果的に実施するため、レベルアップを図ることを目的に実施しているものです。

  

知事・本部長・県防連会長等が「年末年始特別警戒取締り」を視察・督励

2019年12月18日

令和元年12月16日(月)午後4時50分から、県知事、仙台市長(代理)、警察本部長、県公安委員長、県防連会長等が、仙台市中心部の繁華街や歓楽街をパレードし、街頭キャンペーン中の防犯ボランティア団体や年末特別警戒中の警察官に対する視察・督励を行いました。参加したのは、村井知事や仙台市長代理の本郷仙台市民局次長、庭野公安委員長、姉歯県防連会長、阿部市防連会長、警察からは、松岡警察本部長、沼田生活安全部長、内海仙台中央警察署長等、その他防犯ボランティア団体等の関係者約70名が参加しました。視察・督励に先立ち、宮城県庁1階ロビーにおいて出発式を行い、県知事や警察本部長等が挨拶し、その後、参加者全員で定禅寺通り、一番町、国分町をパレードし、途中、三越北側において街頭キャンペーン中の防犯ボランティア団体に村井知事が直接声をかけて激励し、最後に国分町交番に立ち寄り、年末特別警戒中の警察官を激励しました。

    

 

 

2020年版防犯カレンダー作成

2019年12月10日

(公社)宮城県防犯協会連合会と宮城県警察では、青少年の規範意識の向上及び防犯意識の啓発を目的に、例年、県内の小中学校及び高等学校の児童・生徒から、防犯作文・ポスターを募集しています。

今年も甲乙つけがたい優秀な作品が数多く寄せられた中、令和元年防犯ポスターコンクールにおいて入選した21作品を活用した『防犯カレンダー』を作成しました。

今年はご協賛いただいた団体様のご協力により、約11,000枚のカレンダーを作成、県下25警察署内にある各地区防犯協会から各家庭や学校、事業所等に配布し、1年を通して県民の方々に対する地域安全思想の普及啓発に幅広く活用します。

 

【2020年版防犯カレンダー】

令和元年全国地域安全運動宮城県大会の開催

2019年10月10日

 全国地域安全運動が10月11日(金)から10月20日(日)までの10日間実施されるのに伴い、10月8日(火)、仙台市太白区文化センターにおいて「令和元年全国地域安全運動宮城県大会」が開催されました。同大会は、宮城県防犯協会連合会、宮城県、宮城県警察が主催し、県内の防犯協会関係者約400人の出席の下に開催されたものです。大会では、宮城県防犯協会連合会の姉歯会長が「県民の皆様や関係機関・団体と連携し、地域の安全は地域で守るとの防犯意識の普及・促進を図り、犯罪のない明るく住みよい地域社会の実現を目指していく」旨の挨拶を行い、次いで大森環境生活部長、松岡警察本部長から挨拶があり、来賓を代表して、相澤県議会議長から祝辞がありました。
 その後、防犯栄誉金章受賞者等の紹介と防犯功労者、防犯功労団体、防犯CSR活動優良団体及び防犯作文・ポスターコンクール入賞者に対する表彰を行いました。また、今回、永年にわたり協助・賛助会員として宮城県防犯協会連合会の運営に功労のあった54団体・個人に対する表彰もありました。表彰終了後、防犯作文コンクールで最優秀賞を受賞した栗原市立鶯沢小学校3年 髙橋桜冬さんが「くり返しは身を守る第一歩」と題する作文を朗読、次いで、この度、防犯栄誉金章を受賞した泉地区防犯協会連合会長 伊藤誠氏が「大会宣言(案)」を読み上げ、満場一致で採択されました。
 引き続き、第2部では、落語愛好家「三流亭楽々」氏よる「笑って楽しく防犯落語」の口演が行われた後、宮城県警察音楽隊・カラーガード隊によるコンサートが行われ、大会は盛況のうちに閉会しました。


    
    
    

    

    
   

ページ上部に戻る