1. 宮城県防犯協会連合会
  2. 2013 10月 28

県防連による活動

マギー審司氏を招いて振り込め詐欺撲滅キャンペーンを実施

2013年10月28日

井上県防連会長

井上県防連会長

 平成25年10月25日(金)、仙台駅2階ステンドグラス前の特設ステージにおいて、宮城県防犯協会連合会は宮城県警察と共に在仙専門学校「総合学園ヒューマンアカデミー」及び東北財務局の協力を得て、振り込め詐欺撲滅キャンペーンを行いました。
 本年に入り振り込め詐欺等の特殊詐欺の被害が前年の2倍を超えるなど大幅に増加しており、かつ、手口も振り込め型から持参型へ変化しているなど、より悪質、巧妙化していることから、本県出身のマジックタレントであるマギー審司氏の協力を得て、より効果的な広報啓発活動を展開して、振り込め詐欺の現状や被害防止について県民に再度理解していただき、同種被害の未然防止を図るため、振り込め詐欺撲滅キャンペーンを
マギー審司氏のマジック&トークショー

マギー審司氏のマジック&トークショー

開催したものであります。
 キャンペーンでは、開催にあたり井上県防連会長から「振り込め詐欺の被害防止には、本人の意識は勿論であるが、周囲の皆さんの注意喚起やアドバイス等も大切であるので、本人はもとより家族、知人にも働きかけを行っていただき、振り込め詐欺被害の未然防止に協力をお願いしたい」旨の挨拶がなされました。
 マギー審司氏の振り込め詐欺防止マジック&トークショーでは、1万円を千円に変えるマジックを交えながら「世の中には人の弱みにつけ込む人が沢山いる。うまい話には必ず何かあると疑ってだまされないようにして欲しい。他人のことと考えないで自分のこととして考えて被害に遭わないようにして欲しい。」等と集まった観客に訴えかけていました。
仙台駅構内の通行人への呼び掛け

仙台駅構内の通行人への呼び掛け

 その後、学生、防犯団体、学生ボランティア等が、仙台駅構内及びペデストリアンデッキ上で、仙台駅の乗降客や通行人に対して、防犯チラシ等を配布しながら被害防止を呼びかけるなどの振り込め詐欺被害防止広報啓発キャンペーンを行いました。

川崎町防犯協会に青色防犯パトロール車を贈呈

2013年10月28日

贈呈式(左:井上県防連会長、右:小山川崎町防犯協会長)

贈呈式(左:井上県防連会長、右:小山川崎町防犯協会長)

 平成25年10月25日(金)、川崎町役場において、青色回転灯付防犯パトロール車(宝くじ号)の贈呈式が行われました。
 この「宝くじ号」は、「日本宝くじ協会」の助成を受けた全国防犯協会連合会から譲渡を受けた宮城県防犯協会連合会が川崎町防犯協会に再譲渡したものであります。
 贈呈式では、井上県防連会長が「地域の強い要望により配置となったものであり、防犯パトロール車の積極的な運用によって、地域住民が期待している安全で安心・安定できる川崎町の実現に務めていただきたい」旨の挨拶し、贈呈を受けた川崎町防犯協会会長の小山修作氏(川崎町長)から「配備いただいたパトロール車は機動性や青色回転灯で目につきやすく、犯罪の抑制や地域住民に安心感を与えものであることから、防犯指導隊と連携を密にして地域の安全・安心のために、積極的に使わせていただく」旨の御礼の挨拶がなされました。
 川崎町内は山間部が多くかつ面積も広い地域であることから、地域住民からは青色回転灯付防犯パトロール車の機動性を活かした防犯効果の高い防犯パトロールが望まれていました。また、青色回転灯の点灯により視認性が高く犯罪抑止効果や地域住民に安心感を与える効果もあるので、正に地域の安全・安心のシンボルとしてより活発な防犯パトロールが期待されています。
 なお、本年は宮城県防犯協会連合会が2台の譲渡を受け、川崎町防犯協会のほか気仙沼防犯協会連合会にも譲渡(10月8日に贈呈式開催)しています。

【贈呈された青色回転灯付防犯パトロール車】
IMG_2030-1IMG_2031-1 IMG_2034-1 IMG_2033-3

ページ上部に戻る