1. 宮城県防犯協会連合会
  2. 会議等

活動内容

TMYアルカス(富谷高等学校)による防犯キャンペーンの実施

2018年10月02日

 黒川地区防犯協会連合会では、富谷高等学校の生徒で結成している健全育成ボランティア「TMYアルカス」や少年補導員協会等と連携し、8月24日(金)、イオンモール富谷において、防犯キャンペーンを実施しました。キャンペーンには防犯協会やアルカス、少年補導員等約20名と県警察マスコット「みやぎくん」も参加し、買い物客を対象に広報用チラシや防犯グッズを配布しながら振り込め詐欺等特殊詐欺被害防止やインターネット安全利用を呼びかけました。買い物客は、地元高校生の呼びかけに「ご苦労様です」と声をかけ、立ち止まって聞き入る姿が多く見られるなど、有意義なキャンペーンとなりました。

         

      

平成30年全国地域安全運動中央大会において防犯栄誉金章等を受賞

2018年10月02日

 9月27日(木)、東京都港区元赤坂「明治記念館」において、平成30年全国地域安全運動中央大会(主催:公益財団法人全国防犯協会連合会、警察庁)が開催されました。席上、宮城県から防犯栄誉金章を眞山信治氏(築館地区防連高清水地域防犯協会事務局長)、姉歯和郞氏(仙台中央地区防連、宮城県防犯協会連合会会長)の2名、防犯功労団体として北郷防犯協会(角田地区防連、代表者平間孝志)、功労ボランティア団体(社会安全貢献賞)として白石市PSCパトロール(中学生防犯ボランティア団体、代表者狩野 隆)が、それぞれ警察庁長官と公益財団法人全国防犯協会連合会長から表彰を受けました。受賞おめでとうございます。

                

高城地区における防犯パトロールの実施

2018年09月20日

 塩釜地区防犯協会連合会傘下の松島町高城地区安全・安心パトロール隊等は、8月10日(金)高城地区内の通学路や駅前、コンビニ等を対象に防犯パトロールを実施しました。
 同パトロールは、高城地区安全・安心パトロール隊や地区行政員による自主パトロール隊等約20名参加の下、3班に分かれ、地区内全域をパトロールし、部活動で帰宅時間の遅くなった学生への声がけや無灯火自転車への注意呼びかけ、防犯灯・街路灯のチェック等幅広いパトロールを実施しました。
            
    

富沢中学校区における防犯パトロール・防犯キャンペーンの実施

2018年09月20日

 仙台南地区防犯協会連合会傘下の富沢地域防犯協会では、8月11日(日)、富沢中学校区全域において、防犯パトロールと防犯キャンペーンを実施しました。
 当活動は、富沢地域防犯協会員や防犯指導隊員26名が参加し、パトロール班とキャンペーン班の2班に分かれ、防犯パトロール班は、防犯広報車と青パトを使用して学区内全域をくまなくパトロールし、防犯キャンペーン班は、学区内の生協富沢店とヤマザワ長町南店において、主に高齢者を対象として広報用チラシやティッシュペーパーを配布しながら振り込め詐欺等特殊詐欺の被害防止を呼びかけました。
             

「古川まつり」における合同キャンペーンの実施

2018年08月27日

 大崎東部防犯協会連合会では、毎年8月初旬に古川駅前周辺において「古川まつり」が開催され、県内外から多くの見物客が訪れることから、同まつりを広報啓発の機会ととらえ、防犯協会、少年補導員協会、飲食業暴力団追放対策協議会、大崎市等と協働し、犯罪被害抑止、少年非行防止、暴力団追放等を目的とし、合同キャンペーンを実施しました。今年の「古川まつり」は、8月3日(金)に開催され、合同キャンペーンには、各団体の関係者約60名が参加し、まつり会場において、横断幕やのぼり旗を掲げ、まつりの見物客に特殊詐欺や少年非行防止、暴力団追放等の標語入り「防犯うちわ」を配布しながら注意を呼びかけました。キャンペーン終了後、少年補導員協会では、補導活動のためまつり会場内の巡回を実施しました。まつりは事故もなく終了し、同合同キャンペーンは参加者多数により横断幕やのぼり旗を掲げるなどして見せるキャンペーンとして、その防犯効果は大きかったようです。

        

川崎町防犯指導隊等による特殊詐欺等被害防止キャンペーンの実施

2018年08月27日

 大河原地区防犯協会連合会傘下の川崎町防犯指導隊は、川崎駐在所や川崎町役場等と連携し、8月22日(水)、町内の川崎郵便局等3か所において、特殊詐欺や子ども女性の犯罪被害防止を呼びかけるキャンペーンを実施しました。キャンペーンは、川崎町防犯指導隊や駐在所員、役場職員等10名が参加し、町内の川崎郵便局やみやぎ仙南農協川崎支店、仙南信用金庫川崎支店の3か所において、特殊詐欺や子ども女性の犯罪被害防止に関するのぼり旗を掲げながら、来店客一人一人に声をかけ、チラシや防犯グッズを配布しながら被害防止を呼びかけました。

        

唐桑町南部防犯協会における特殊詐欺防止キャンペーンの実施

2018年08月27日

 気仙沼地区防犯協会連合会傘下の唐桑町南部防犯協会では、8月15日(水)、年金支給日にあわせて唐桑郵便局など地区内4か所において、振り込め詐欺等特殊詐欺被害防止キャンペーンを実施しました。 同キャンペーンには、佐々木防犯協会長以下10名と地元駐在所長等が参加し、唐桑郵便局や中井簡易郵便局、セブンイレブン唐桑町店、ローソン唐桑町店の4か所において、同所にのぼり旗を掲げ、来店客に対して駐在所所長手作りのチラシや防犯グッズを手渡しながら、特殊詐欺被害防止を呼びかけました。
 チラシ等を受け取った高齢者からは「最近増えていると聞いているので気を付けます」などの声が聞かれました。

            

耕野防犯協会における防犯研修会の実施

2018年08月08日

 角田地区防犯協会連合会傘下の耕野防犯協会では、7月27日(金)、平成30年度全体会議終了後、今後の地域防犯活動に活かそうと、角田警察署後藤生活安全課長を講師に招き「防犯研修会」を実施しました。同研修会には、耕野防犯協会の八島会長以下30名が参加し、講師から地域の犯罪情勢や特殊詐欺の手口、子ども見守り活動の着眼点等について講話をいただき、広報啓発活動等防犯活動の重要性を再認識しました。参加者からは「耕野地区は犯罪のない地域柄ではあるが、気を抜かずに防犯活動に励んでいきたい」、「子供達が痛ましい犯罪の被害にあわないよう地域全体で見守っていきたい」等といった感想が寄せられました。
          
  

長岡小学校児童を1日防犯実働隊員に委嘱し「防犯キャンペーン」を実施

2018年08月08日

 大崎地区防犯協会連合会傘下の長岡地区防犯協会では、小学校の夏休み期間中である7月30日(月)、地域における防犯活動の一環として警察や少年補導員、長岡小学校等と連携し、長岡小学校の児童4名を「1日防犯実働隊員」に委嘱し、管内のパトロールや防犯キャンペーンを実施しました。
 同キャンペーンには、1日防犯実働隊に委嘱された児童4名の他、防犯協会員や少年補導員等10名が参加し、古川警察署のパトカーで管内のパトロールを行った後、イオンタウン古川店において来店客を対象に、防犯広報チラシや防犯グッズを配布しながら、少年の非行防止や子ども・女性被害に係る脅威事案の被害防止について呼びかけました。1日防犯実働隊に委嘱された児童は「夏休みの良い思い出になりました、パトカーに乗れてうれしかったです。」、買い物客からは「夏休み中なのにご苦労様、被害にあわないように気を付けます。」等の声が寄せられるなど、有意義な活動となりました。
        

JR陸前高砂駅等3駅における防犯キャンペーンの実施

2018年07月25日

 仙台東地区防犯協会連合会では、7月15日からの「夏の地域安全運動」を前に、各学校の児童や生徒が夏休みを迎えるに当たり、子ども達の非行や各種犯罪の増加が懸念されたことから、傘下の高砂防犯協会や学校・健全育成ボランティア「アルカス」等と連携し、7月13日(金)、JR福田町・陸前高砂・中野栄駅の3駅において、防犯キャンペーンを実施しました。同キャンペーンは、防犯協会や「アルカス」等の関係者約100名が参加し、それぞれ3駅に分かれ、駅利用者や通行人を対象に、広報用チラシや防犯グッズを配布しながら「痴漢防止」、「性犯罪防止」、「少年犯罪の防止」等を呼びかけました。 駅利用者や通行人からは「暑い中ご苦労様です、被害にあわないように気を付けます」などの声が聞かれ、有意義な活動となりました。
           

ページ上部に戻る