1. 宮城県防犯協会連合会
  2. 会議等

活動内容

唐桑町南部防犯協会が観光地を中心に防犯パトロールを実施

2021年09月01日

気仙沼地区防犯協会連合会傘下の唐桑町南部防犯協会は、夏の地域安全運動期間中の7月31日(土)、約20人が参加して、観光地を中心とした防犯パトロールを行いました。この取組では、気仙沼警察署唐桑駐在所員と連携して行いました。パトロールの実施箇所は、観光客が多く訪れる漁火パーク、巨釜半造、御崎岬灯台、御崎神社などを重点としました。当日はあいにくの雨模様で観光客が少ないものの、地域の方々や観光客などが犯罪に巻き込まれないようとパトロールに取り組みました。

大島防犯協会が夏季夜間パトロールを実施

2021年09月01日

気仙沼地区防犯協会連合会傘下の大島防犯協会は、夏の地域安全運動期間中4回にわたって、延べ約20人が参加し、気仙沼警察署大島駐在所と合同による夏季夜間パトロールを行いました。広報車を使用したパトロールでは、島内全域を巡回しながら少年非行の防止や自主防犯意識を高めるよう呼び掛けました。NHK朝ドラ「おかえりモネ」の舞台の一つに大島がなっているほか大島大橋が開通してアクセスが便利になり観光客などが多くなっているため、島民や観光客が犯罪に巻き込まれないようにとパトロールに力を入れています。

北江尻防犯協会が夜間パトロールを実施

2021年08月31日

角田地区防犯協会連合会傘下の北江尻防犯協会は7月25日(日)、北江尻公民館に防犯委員10人が出席して、夏の地域安全運動に向けた取組について協議し、その後、夜間パトロールを行いました。夜間パトロールでは、北江尻地区を6班に分けて、2から3人のグループで北角田中学校や諏訪神社等を重点的に警戒するとともに、併せて、防犯灯の異常の有無を確認しました。

館腰防犯協会が各世帯にチラシを配布して特殊詐欺被害防止を呼び掛け

2021年07月15日

岩沼地区防犯協会連合会傘下の館腰防犯協会は6月20日(日)、協会員約60人が参加し、名取市館腰地内にチラシを配りながら特殊詐欺被害防止を呼び掛けました。配布したチラシは名取市館腰地内の3600世帯で、「メールなどを利用してインターネットの有料サイトを装い、利用料金が未払いであるなど架空の事実を口実にお金を振り込ませたり電子マネーで支払わせる架空料金請求詐欺に気を付けましょう」などと呼び掛けました。

宮城県防犯協会連合会が「令和3年度通常総会・臨時理事会」を開催

2021年05月28日

公益社団法人宮城県防犯協会連合会は、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から規模を縮小し、5月26日(水)午後2時から同3時40分まで、仙台市内「ホテル白萩」において、「令和3年度通常総会」及び「臨時理事会」を開催しました。

通常総会には、正会員25名中6名(書面による決議権行使は19名)の会員ら8名が出席しました。冒頭、姉歯和郎会長による挨拶が行われ、その後会長が議長となって提案された4議案について審議が行われました。議案は、第1号議案「令和2年度事業報告並びに収支決算について」、第2号事案「会費等取扱規程の改正について」、第3号議案「理事10名の選任について」、第4号議案「監事3名の選任について」で、専務理事から議案説明があり、審議を経て4議案とも原案どおり承認されました。また、先の理事会において決議された「令和3年度事業計画並びに収支予算について」及び「資金調達及び設備投資の見込みについて」は、専務理事が報告を行いました。

通常総会終了後、同所において通常総会で承認された理事・監事ら8名出席の下に「臨時理事会」が開催され、会長1名、副会長2名、専務理事1名の役員選出が行われました。その結果、引き続き、会長には姉歯和郎、副会長には阿部欣也、大槻裕喜、専務理事には吉田邦光が選出されました。任期は令和5年度の通常総会までとなります。

永野地区防犯協会が広報活動等を実施

2021年05月24日

白石地区防犯協会連合会傘下の永野地区防犯協会は4月26日(月)、春の地域安全運動の一環として、同婦人実働隊、永野駐在所員らと連携して、防犯パトロール車を活用した広報活動や独自に作成したチラシによる広報活動等に取り組みました。防犯パトロールでは、永野地区全域を回って各種犯罪の被害防止のほか交通事故防止を呼び掛けました。また、高齢者や新入生、新社会人がいる世帯向きに同婦人部が独自に作成したチラシを、これら世帯に配布して、多様化する特殊詐欺被害等の防止を呼び掛けました。

六郷地区防犯協会が青パトによるパトロールを実施

2021年05月14日

若林区防犯協会連合会傘下の六郷地区防犯協会は3月23日(火)、4人が参加して、青パトによる防犯パトロールを行いました。この取組には、沖野館町内会、婦人防火クラブ等の皆さんが参加しました。沖野及び沖野東の各小学校、沖野中学校の通学路のほか、上飯田保育園等周辺において、不審者(車)等に対する警戒を行いました。また、青パトを停車しながら見守り活動も行いました。

涌谷町、美里町の防犯協会が春の地域安全運動に取り組む

2021年04月26日

遠田地区防犯協会連合会傘下の涌谷町と美里町の各防犯協会は、春の地域安全運動(4月15日~5月14日)の初日である4月15日(木)午前、防犯実働隊、涌谷町と美里町の各役場職員ら計15人が参加して、特殊詐欺被害防止に向けたキャンペーンに取り組みました。涌谷町防犯協会は涌谷郵便局付近で、美里町防犯協会はJA新みやぎ小牛田支店付近でそれぞれ実施しました。この取組では、桃太郎旗を掲げながら来客者や通行人にチラシや防犯グッズを配りながら特殊詐欺被害に遭わないよう呼び掛けました。また、美里町防犯協会では、青パト1台を繰り出して被害防止を呼び掛けながら町内のパトロールを行いました。

涌谷町防犯協会

美里町防犯協会

八木山防犯協会が青パトで広報巡回を実施

2021年04月26日

仙台南地区防犯協会連合会傘下の八木山防犯協会はこのほど、八木山地区内に青パト2台を繰り出して、あらかじめ録音した音声を流しながら、特殊詐欺や空き巣等の被害に遭わないよう呼び掛けました。特に金融機関やATM設置のコンビニ周辺のほか、幹線道路を重点的に実施しました。また、地域の方々に防犯意識を高めてもらえるように、公園に「防犯幟」15本を設置しました。これら取組では、八木山交番と連携しながら行いました。

西地区防犯協会が出動式と防犯講話を実施

2021年02月04日

気仙沼地区防犯協会連合会傘下の西地区防犯協会は1月27日(水)、気仙沼中央公民館条南分館に約30人が参加して、出動式と防犯講話を行いました。防犯講話では、気仙沼警察署員が講師となり、「詐欺・悪質商法被害防止」と題した冊子を配りながら、全国的に多発している特殊詐欺事案の現状等について説明し、活動の参考にしてほしいと呼び掛けました。参加した防犯協会員からは「わかりやすくて参考になった。防犯活動に活用していきたい」などの声が聞かれ、とても有意義な防犯講話となったようです。

ページ上部に戻る