1. 宮城県防犯協会連合会
  2. 少年警察ボランティア宮城県大会が開催

県防連による活動

少年警察ボランティア宮城県大会が開催

2013年07月31日

森田本部長挨拶

森田本部長挨拶

 平成25年7月30日、仙台市宮城野区五輪地内の宮城野区文化センターにおいて、平成25年度少年警察ボランティア宮城県大会が開催され、宮城県防犯協会連合会からは来賓として井上恭司会長が出席しました。
本大会は、少年警察ボランティアの資質向上と活動の活性化を図るため、宮城県警察と宮城県少年補導員協会が主催し、宮城県と宮城県防犯協会連合会が後援となって開催されたものです。
 大会は、宮城県警察、各地区の少年補導員及び大学生健全育成ボランティア等約300人が出席して行われ、森田警察本部長、尾形少年補導員協会長の挨拶の後、畠山県公安委員、井上県防犯協会連合会長が祝辞を述べました。
 井上県防連会長からは、「少年の健全育成には、家庭、学校、地域社会が一体となった取り組みが不可欠となっている。地域の実情や青少年の
井上会長祝辞

井上会長祝辞

特性に精通されている皆さん方が、それぞれの地域で少年非行防止や青少年の健全育成に大きな成果を挙げられていることは、大変心強いものがある。今後とも、これまでの実績と経験を遺憾なく発揮し、少年の非行がない、少年が事件や事故に遭わない社会づくりになお一層の活躍をお願いしたい。」旨の祝辞が述べられました。
 その後、元気仙沼・本吉地域行政事務組合消防本部消防長菊田清一氏の講演「一人でも多くのいのちを~震災時の警察活動~」及び仙台東地区と仙台南地区からの活動発表、南小泉中学校の生徒によるアトラクションがあり、最後に、高橋遠田地区少年補導員協会長が少年非行を生まない社会づくりの大会宣言を読み上げ、大会は閉会しました。
活動発表

活動発表

県防連による活動

ページ上部に戻る