1. 宮城県防犯協会連合会
  2. 地区防連による活動

活動内容

全国地域安全運動における登米地区防犯協会連合会の取組状況

2023年11月13日

10月11日から20日までの10日間、全国地域安全運動が実施されました。期間中、県内各地区の防犯協会では、犯罪のない、明るく住みよい社会を実現するため、それぞれが工夫を凝らし、様々な活動を展開しました。

今回は登米地区防犯協会連合会の取組みについて紹介します。

〇 登米地区防犯協会連合会の取組み

登米地区防犯協会連合会では、10月5日(木)、登米市、登米地区防犯指導隊及び登米警察署と連携し、ウジエスーパー登米店の協力を得て、同店舗前において、特殊詐欺被害防止に向けた防犯キャンペーンを実施しました。

キャンペーンにはみやぎ防犯広報大使の「萌江(もえ)さん」を迎え、防犯協会、自治体及び警察関係者等12人とともに、来店者に対してチラシやグッズを配布し、特殊詐欺の被害防止を訴えました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※ 登米地区防犯協会連合会が実施した防犯キャンペーン

 

 

全国地域安全運動における南三陸地区防犯協会の取組状況

2023年11月13日

10月11日から20日までの10日間、全国地域安全運動が実施されました。期間中、県内各地区の防犯協会では、犯罪のない、明るく住みよい社会を実現するため、それぞれが工夫を凝らし、様々な活動を展開しました。

今回は南三陸地区防犯協会の取組みについて紹介します。

〇 南三陸地区防犯協会の取組み

南三陸地区防犯協会では、10月11日(水)、南三陸地区少年補導員協会、南三陸町から委嘱された地域安全指導員及び南三陸警察署と連携し、ウジエスーパー南三陸店の協力を得て、同店舗前において防犯及び交通安全キャンペーンを実施しました。

キャンペーンには防犯協会、交通関係団体及び警察関係者等25人が参加し、全員が協力して、それぞれの団体が準備したチラシやグッズを配布しながら、特殊詐欺の被害防止や交通事故防止を訴えました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※  南三陸地区防犯協会が実施した防犯、交通安全キャンペーン

全国地域安全運動における加美地区防犯協会連合会の取組状況

2023年11月13日

10月11日から20日までの10日間、全国地域安全運動が実施されました。期間中、県内各地区の防犯協会では、犯罪のない、明るく住みよい社会を実現するため、それぞれが工夫を凝らし、様々な活動を展開しました。

今回は加美地区防犯協会連合会の取組みについて紹介します。

〇 加美地区防犯協会連合会の取組み

加美地区防犯協会連合会では、10月14日(土)、色麻町防犯実働隊、宮城県加美農業高等学校及び加美警察署と連携し、色麻町内の60世帯を対象に家庭訪問を実施し、特殊詐欺の被害防止等を訴えました。

家庭訪問は県内において、高齢者被害の特殊詐欺事件が多く発生していることから、年金支給日(13日)に合わせて実施したもので、参加した15人が3班に分かれて、在宅している住民にチラシやグッズを配布しながら、特殊詐欺の被害防止を訴えました。

今回の取組みには、高校生防犯ボランティア「加美農業高校アルカス」の2名も参加し、自らの祖父母と同年代の高齢者に、熱心に特殊詐欺への注意喚起を行いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※ 加美地区防犯協会連合会が実施した家庭訪問

 

全国地域安全運動における仙台東地区防犯協会連合会の取組状況

2023年11月10日

10月11日から20日までの10日間、全国地域安全運動が実施されました。期間中、県内各地区の防犯協会では、犯罪のない、明るく住みよい社会を実現するため、それぞれが工夫を凝らし、様々な活動を展開しました。

今回は仙台東地区防犯協会連合会の取組みについて紹介します。

〇 仙台東地区防犯協会連合会の取組み

仙台東地区防犯協会連合会では、10月11日(水)、原町、小田原清水沼、榴岡の各防犯協会及び仙台東警察署と連携し、JR仙台駅東口広場において防犯キャンペーンを実施しました。

キャンペーンは防犯協会及び警察関係者16人に、全国地域安全運動に合わせて仙台東警察署が防犯広報大使に委嘱した「仙台弁こけし」と宮城県警察のイメージキャラクター「みやぎくん」が加わり、全員が協力して通行人に対し、チラシやグッズを配布して特殊詐欺や自転車盗の被害防止を訴えました。

 

 

 

 

 

※ 仙台東地区防犯協会連合会による防犯キャンペーンの取組み

 

〇 仙台東地区防犯協会連合会に所属する各地区防犯協会の取組み

仙台東地区防犯協会連合会に所属する幸町、鶴ケ谷、洞ノ口、高砂及び岩切今市の各(地区)防犯協会では、地域安全運動期間中、仙台東警察署、仙台市宮城野区役所、宮城野区内の中学校、少年補導員協会、民生委員及びセキスイハイム㈱等と連携し、JR東日本、七十七銀行、JA仙台、日本郵便、ヨークベニマル、みやぎ生協等の協力を得て、防犯広報活動を実施しました。

活動では参加者がJRの利用者及び金融機関や食品スーパーを訪れた買い物客等に対し、チラシやグッズを配布して盗撮や痴漢、特殊詐欺及び自転車盗の被害防止を訴えたほか、被害認知時における警察への速やかな通報を呼び掛けました。

 

 

 

 

 

※ 写真左から幸町、鶴ケ谷、洞ノ口の各防犯協会による取組み

 

 

 

 

 

 

 

※ 写真左から高砂及び岩切今市の各防犯協会による取組み

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全国地域安全運動における気仙沼地区防犯協会連合会の取組状況

2023年11月10日

10月11日から20日までの10日間、全国地域安全運動が実施されました。期間中、県内各地区の防犯協会では、犯罪のない、明るく住みよい社会を実現するため、それぞれが工夫を凝らし、様々な活動を展開しました。

今回は気仙沼地区防犯協会連合会の取組みについて紹介します。

〇 気仙沼地区防犯協会連合会の取組み

気仙沼地区防犯協会連合会では、10月5日(木)、気仙沼市の「ゲストハウス気仙沼アーバン」において、関係者90人が出席して全国地域安全運動気仙沼地区大会を開催しました。

大会は2部構成で進められ、第1部では主催者を代表して、気仙沼地区防犯協会連合会の会長である気仙沼市長及び気仙沼警察署長が挨拶し、続いて、防犯功労者に対する表彰が行われ、最後に大谷地区防犯協会長によって大会宣言が読み上げられました。

第2部では、気仙沼市を中心に活動している音楽ユニット「LOVE    SINGERS」によるミニコンサート及び気仙沼警察署員による特殊詐欺被害防止に向けた寸劇が披露され、出席者は全国地域安全運動期間における積極的な活動に向けて決意を新たにしていました。

また運動期間中、気仙沼地区防犯協会連合会では、自治体、各地区防犯協会やボランティア団体等と連携し、大型商業施設や金融機関の協力を得て、特殊詐欺、自転車盗難、痴漢・盗撮及び金融機関強盗等の被害防止に向けた防犯キャンペーンや対応訓練を実施しました。

〇 気仙沼地区防犯協会連合会に所属する各地区防犯協会の取組み

気仙沼地区防犯協会連合会に所属する唐桑町南部、本吉町山田、同馬籠、同川内の各(地区)防犯協会では、地域安全運動期間中、防犯指導(実働)隊や気仙沼警察署と連携し、金融機関やコンビニエンスストアの協力を得て、防犯広報活動や防犯パトロールを実施しました。

広報活動では参加者が金融機関やコンビニエンスストアを訪れた来店客に対し、チラシやグッズを配布して特殊詐欺や自転車盗の被害防止を訴えたほか、防犯広報車によるパトロールでは、小学校の通学路や住宅地を回り、各種犯罪の被害防止に向けた声がけや拡声器を活用した防犯広報活動を実施しました。

 

 

 

 

 

※ 写真左から全国地域安全運動気仙沼地区大会、金融機関強盗対処訓練、唐桑町南部防犯協会の取組み

 

 

 

 

 

※ 写真は左から本吉町山田、馬籠、川内各(地区)防犯協会の取組み

全国地域安全運動における岩沼地区防犯協会連合会の取組状況

2023年11月09日

10月11日から20日までの10日間、全国地域安全運動が実施されました。期間中、県内各地区の防犯協会では、犯罪のない、明るく住みよい社会を実現するため、それぞれが工夫を凝らし、様々な活動を展開しました。

今回は岩沼地区防犯協会連合会の取組みについて紹介します。

〇 岩沼地区防犯協会連合会の取組み

岩沼地区防犯協会連合会では、10月5日(木)、岩沼市、名取市及び岩沼警察署等と連携し、岩沼市役所において、全国地域安全運動の出動式を開催しました。

出動式は岩沼地区防犯協会連合会、岩沼市、名取市及び岩沼警察署から60人が出席して行われ、はじめに岩沼市及び名取市のそれぞれのマスコットキャラクター「岩沼係長」と「カーナくん」に対する防犯広報大使の委嘱式が行われ、その後、岩沼警察署のパトカー及び各地区防犯協会の青色回転灯付防犯広報車(青パト)が市内の防犯パトロールに出発しました。

〇 岩沼地区防犯協会連合会に所属する各地区防犯協会の取組み

岩沼地区防犯協会連合会に所属の閖上、玉浦、岩沼北、岩沼南及び名取が丘の各(地区)防犯協会では、地域安全運動期間中、防犯指導隊、少年補導員協会及び岩沼警察署等と連携し、食品スーパーや朝市会場の協力を得て、防犯広報活動や青パトを活用した防犯パトロールを実施しました。

広報活動では参加者が食品スーパー等を訪れた買い物客に対し、チラシやグッズを配布して特殊詐欺や自転車盗の被害防止を訴えたほか、青パトによる警戒活動では、小学校の通学路や住宅地を回り、各種犯罪の被害防止に向けたパトロールを実施しました。

 

 

 

 

 

※ 写真左から 岩沼地区防犯協会連合会、同閖上防犯協会、同玉浦防犯協会の取組み

 

 

 

 

 

 

 

※ 写真左から 岩沼地区防犯協会連合会岩沼北防犯協会、同岩沼南防犯協会の取組み

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全国地域安全運動における白石地区永野防犯協会の取組状況

2023年11月09日

10月11日から20日までの10日間、全国地域安全運動が実施されました。期間中、県内各地区の防犯協会では、犯罪のない、明るく住みよい社会を実現するため、それぞれが工夫を凝らし、様々な活動を展開しました。

今回は白石地区防犯協会連合会に所属の永野地区防犯協会の取組みについて紹介します。

〇 永野地区防犯協会の防犯広報活動の取組み

白石地区防犯協会連合会の永野地区防犯協会では、全国地域安全運動期間中、防犯指導隊、防犯婦人部、少年補導員協会及び白石警察署等と連携し、金融機関、食品スーパー及び多目的ホールの協力を得て、防犯キャンペーンを実施しました。

活動は参加した防犯協会員らが揃いのジャンパーを着用し、銀行や食品スーパーを訪れた来店客に対し、積極的に声かけしながらチラシやグッズを配布して、特殊詐欺や自転車盗の被害防止を訴えました。

 

〇 同防犯協会による「ハガキ大作戦」の取組み

白石地区防犯協会連合会の永野地区防犯協会では、管内の蔵王町立永野及び円田の両小学校の協力を得て、児童の祖父母や町内に居住する高齢者に注意喚起を促すハガキを発送する取組み「ハガキ大作戦」を実施しました。

この取組みは、特殊詐欺の被害防止に向けて、町内に居住する高齢者(「おじいちゃん」、「おばあちゃん」)に対して、両小学校の児童182人が自筆でメッセージを記載したハガキを郵送し、家族の絆で特殊詐欺被害の防止を図ろうとするものです。

 

 

 

 

 

 

※ 写真左及び中は防犯キャンペーンの様子、右は「ハガキ大作戦」で活用したメッセージ入りのハガキ

 

大学生が「地域と行政との協働事業」の一環で地区防犯協会と交流

2023年08月02日

仙台市若林区では、地域の課題や問題に対して、住民と行政が解決に向けて協働して取り組む「若林まちみがき推進事業」を展開していますが、この活動に参加している東北学院大学の動画プロジェクトグループは、地域防犯や街の歴史・文化を広く市民に伝えるため、若林区防犯協会連合会の日頃の活動を取材し、映像に収めています。その模様を紹介します。

〇 東北学院大の学生が「まちみがき推進事業」の一環で若林区防犯協会連合会の活動を紹介

若林区防犯協会連合会では、日頃から若林警察署や若林区役所と連携し、子どもたちの見守り活動や安全で安心な地域社会の実現に向けた街頭キャンペーンを実施しており、7月14日(金)には、朝の通学時間帯に合わせ、仙台市立南材木町小学校及び同八軒中学校前において、子どもの見守り、声がけ活動を、また終了後に、七十七銀行河原町支店及びスーパーワコー前において特殊詐欺被害抑止キャンペーンを実施しました。

住民と行政が地域の課題や問題解決に向けて協働して取り組む「若林まちみがき推進事業」に参加している東北学院大学の動画プロジェクトグループは、地域と行政によるこうした取り組みを広く市民に紹介するため、活動状況の把握に向けて、若林区防犯協会連合会に対して取材の申し入れを行い、防犯協会長へのインタビューや活動への積極的な参加を通して、情報収集と相互交流を行いました。

学生グループは、11月に若林区内で開催予定の「ふるさとまつり」における映像公開に向けて準備を進めており、今後も地域と連携し、地元の魅力を伝える動画の撮影を続けていくことにしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※ 写真は東北学院大学動画プロジェクトグループと若林区防犯協会連合会の皆さんによる防犯活動の様子

大崎東部地区防犯協会連合会が保育園での防犯教室を開催

2023年07月27日

大崎東部地区防犯協会連合会では、古川警察署や大崎市等と連携し、大崎市内の保育園において不審者対応訓練を、また同市内の小、中学校の通学路において防犯パトロールを、それぞれ実施しました。その取組みについて紹介します。

〇 保育園において不審者対応訓練等を実施

大崎東部地区防犯協会連合会では、6月28日(水)、古川警察署と連携し、大崎市の「わかば第三保育園」において、不審者対応訓練及び防犯教室を実施(開催)しました。

不審者対応訓練及び防犯教室には保育園の職員と園児80人が参加し、訓練は「刃物を持った不審者が園内に侵入しようとしている」との想定により実施され、古川警察署員の指導のもと、犯人に対する初動対応、警察への通報、園児の避難誘導及び刺股による犯人の制圧等の訓練を実施しました。

また防犯教室では、警察や防犯協会の職員から、園児に対して防犯標語「いかのおすし」による防犯講話があったほか、職員に対して犯人との間合いの取り方や刺股を使用した不審者への対処要領等について実技指導を受けました。

訓練終了後、園長から「標語による講話や刺股の実技指導は分かりやすかった。緊張感を持った訓練が実施できた」との感想が寄せられるなど、有意義な訓練となりました。

 

〇 小中学校通学路における防犯パトロールを実施

大崎東部地区防犯協会連合会では、7月3日(月)、防犯実働隊三本木分会が中心となり、古川警察署及び大崎市三本木総合支所と連携し、13人が参加して大崎市立三本木小学校及び同中学校の通学路を重点に、防犯パトロールを実施しました。

活動は青色回転灯付き防犯パトロール車を先頭に、参加者が通行人に対して、犯罪の被害防止に向けた各種取組みについて直接訴えたほか、小、中学校の正門前では、児童、生徒にインターネットの安全利用に向けた合言葉「ジョイフル」のリーフレット入りのポケットテッシュを配布し、インターネットの安全利用を呼び掛けました。

三本木中学校前での取組みでは、校長から「防犯協会のパトロール活動に感謝している。今後も犯罪抑止に向けて、関係機関と連携して、さまざまな活動に取り組んでいきたい」との労いと感謝の声が寄せられました。

 

 

 

 

 

 

 

 

※ 大崎市内 保育園における不審者対応訓練

 

 

 

 

 

 

 

 

※ 大崎市内 通学路における防犯パトロール

 

 

南材地区防犯協会が特殊詐欺被害防止に向けた防犯キャンペーンを実施

2023年06月27日

仙台市若林区防犯協会連合会の南材地区防犯協会では、6月15日(木)、若林警察署等と連携し、15人が参加して銀行、スーパーマーケット及びコンビニエンスストアの駐車場において、特殊詐欺被害抑止に向けた防犯キャンペーンを実施しました。その内容について紹介します。

〇 南材地区防犯協会が特殊詐欺被害抑止に向けた広報啓発活動を実施

この活動は、南材地区防犯協会の防犯指導隊や女性部が若林警察署と連携し、七十七銀行河原町支店、スーパーワコー河原町店及びファミリーマート河原町店の協力を得て実施したもので、合計で15人が参加しました。

この活動は南材地区防犯協会が、2ヶ月に一度の年金支給日に合わせて実施しているもので、前回同様、参加者が銀行やスーパーマーケットを利用する高齢者を重点に、チラシや防犯グッズを配布しながら「不審電話に対する対応要領」「留守番電話や撃退機能付き電話機の有効活用」等について呼び掛けを行いました。

また、近くを通る幹線道路、通称「昭和市電通り」では、「特殊詐欺注意」と書かれたのぼり旗を数種類掲出し、通行する車両のドライバーに、被害防止に向けた注意喚起を行いました。

当日は店舗を利用する多くの市民がチラシやグッズの受領に応じたほか、呼び掛けに反応するドライバーも多く見られるなど、特殊詐欺被害の抑止に向けて有意義な活動となりました。

 

 

 

 

 

 

 

※ 写真左から、 七十七銀行河原町支店、ファミリーマート河原町店及び昭和市電通りにおける取組み

 

 

ページ上部に戻る