1. 宮城県防犯協会連合会
  2. 活動内容

活動内容

JA田尻支店において特殊詐欺被害防止キャンペーンを実施

2019年11月14日

 大崎東部地区防犯協会連合会傘下の大崎市田尻地域防犯協会では、警察署や大崎市田尻総合支所等と連携し、年金支給日である10月15日(火)、新みやぎ農業協同組合田尻支店において、防犯協会員等関係者10名が参加し、特殊詐欺被害防止キャンペーンを実施しました。キャンペーン当日、同支店では、JAふれあいサロン「こころカフェ」が開かれており、多くの客が訪れている中で、広報用チラシや防犯グッズを配布し、被害防止を呼びかけました。また、当日は台風19号の直後であり、被害に遭った人達も多かったことから、台風被害に便乗した悪質商法、訪問販売等についても注意を呼びかけました。同キャンペーンは、JAと協力しながら多数の来店客や地域の方々との情報交換の場にもなり、防犯意識の高揚が図られるなど、地域に浸透したキャンペーンとなりました。

      

     

特殊詐欺被害防止に向けた高齢者宅の戸別訪問による広報活動の実施

2019年11月14日

 仙台南地区防犯協会連合会傘下の中田防犯協会では、中田地区と中田西部地区町内会と連携して、10月20日(日)、地区内の高齢者宅を個別に訪問し、特殊詐欺の被害防止を呼びかけました。同活動は、防犯協会員と町内会の代表者等約40名が参加し、主に一人暮らしの高齢者宅を訪問し、日頃の生活・健康状態等を聞きながら、広報用チラシや防犯グッズを配布して、多発している「特殊詐欺」の被害に遭わないよう注意を呼びかけるとともに、健康管理等についてアドバイスを行いました。
               

南材地区において特殊詐欺等被害防止並びに環境美化活動を実施

2019年11月14日

 若林区防犯協会連合会傘下の南材地区防犯協会では、警察署や区役所、仙台市社会福祉協議会、管内小・中学校、フコク生命等関係機関・団体と連携し、10月15日(火)、若林区南材木町小学校区内において、特殊詐欺や自転車盗難被害防止、環境美化に向けた街頭パレードを実施しました。
 同パレードは、例年実施しているもので、今回は、各関係機関・団体から関係者約70名が参加し、南材地区を3コースに分け、それぞれ、横断幕や防犯のぼり旗を掲げ、各コース約20名でパトカーや青パトの先導により、特殊詐欺や自転車盗難被害防止等を呼びかけました。また、参加者は「火ばさみやゴミ袋」を持参しながら「不法ビラ、落書き、路上ゴミ」の清掃等、環境美化活動を実施したものです。

         

JR西古川駅において自転車盗難防止等キャンペーンを実施

2019年11月07日

 大崎東部地区防犯協会連合会傘下の西古川地区防犯協会では、全国地域安全運動の一環として、10月17日(木)、JR西古川駅において、自転車盗難防止や少年非行防止等に向けた防犯キャンペーンを実施しました。同キャンペーンは、警察署や自転車組合等と連携し、関係者25名の参加の下、各種のぼり旗を掲げながら、JR西古川駅を利用して下校中の高校生等を対象に、広報チラシや防犯グッズを配布しながら「自転車盗難被害の防止、ツーロックの励行」、「少年非行防止」、「子ども女性の犯罪被害防止」等を呼びかけました。また、同時に、自転車組合の協力を得て、自転車防犯登録の確認と無料点検を実施し、自転車利用者の事故防止に努めました。

                

大崎市民病院で古川南中学校アルカスと合同キャンペーンを実施

2019年11月07日

 大崎東部地区防犯協会連合会では、全国地域安全運動の一環として、10月17日(木)、古川南中学校アルカス「サザンクロス」と合同で、大崎市民病院において、特殊詐欺等の被害防止に向けた防犯キャンペーンを実施しました。同キャンペーンは、古川警察署員や防犯協会員、古川南中学校生徒等約30名が参加し、同病院利用者を対象に特殊詐欺や車上ねらいの被害防止、セルフディフェンス等の広報チラシや防犯グッズを配布しながら注意を呼びかけました。さらに、台風19号の災害被害に便乗した悪質商法や空き巣等の被害防止についても注意を呼びかけました。

            

南三陸地区で特殊詐欺等犯罪被害防止キャンペーンを実施

2019年11月06日

 南三陸地区防犯協会では、全国地域安全運動の活動の一環として、南三陸警察署や南三陸地区少年補導員協会、フコク生命等と連携し、10月15日(水)、七十七銀行志津川支店において特殊詐欺等犯罪被害防止に向けた防犯キャンペーンを実施しました。同キャンペーンは、防犯協会員や少年補導員、フコク生命社員等関係者21名、さらに、南三陸町のオリジナルキャラクター「オクトパス君」も参加して実施しました。、七十七銀行志津川支店前では各種のぼり旗を掲げ、来店客を対象に、フコク生命が作成した特殊詐欺被害防止チラシや南三陸警察署のオリジナルキャラクター「オクトポリス君」が描かれたポケットティッシュ等を配布しながら、振り込め詐欺や架空請求詐欺等特殊詐欺の被害防止、子どもや女性を狙った各種犯罪の被害防止を呼びかけました。

              

登米市立新田小・中学校子ども見守り隊発足式の開催

2019年11月06日

 佐沼地区防犯協会連合会傘下の新田地区防犯協会、迫地区防犯指導隊は、新田小・中学校、同校PTA、同校運営協議会、同地区交通安全協会とともに、10月16日、新田小学校校庭において、関係者約150名参加の下、「新田小・中学校 子ども見守り隊」の発足式を開催しました。この、子ども見守り隊は、これまで、同校PTA役員や同校運営協議会から「子ども達を犯罪被害から守るため見守り活動等を積極的に実施し、地域で子ども達を守るという意識を高めていきたい」との強い要望があり、佐沼地区防犯協会連合会と佐沼警察署が新田小・中学校、新田地区防犯協会、迫地区防犯指導隊、同地区交通安全協会等に働きかけ「子ども見守り隊」の発足に至ったものです。発足式では、新田小学校長の挨拶、佐沼警察署副署長の祝辞の後、同校長からPTA役員に「マグネット式ステッカー」を授与しました。 同ステッカーは、両校と佐沼警察署の名入りで「子どもを守る安全パトロール中」と書かれ、PTA等パトロールを実施する見守り隊が車に貼付けて活動するマグネット式のステッカーで、PTAや防犯協会、交通安全協会等が出資して100枚作製したものです。発足式終了後、両校父兄や防犯指導隊の車にステッカーを貼付け「見守り隊」車両の出動式を行いました。今後、両校PTA等の見守り隊は、交代でステッカーを貼った車両により、地域のパトロールを実施することとしています。

             

幼稚園児による特殊詐欺被害防止用通帳ケースを活用した防犯広報の実施

2019年10月29日

 遠田地区防犯協会連合会では、全国地域安全運動期間中の10月17日(木)、涌谷町立涌谷幼稚園において、防犯協会員や遠田警察署生活安全課員が出席し、幼稚園児による「特殊詐欺被害防止用通帳ケース」を活用した防犯広報を実施しました。同活動は、はじめに生活安全課員が全児童49名を対象に、防犯の合言葉「いかのおすし」を活用して犯罪被害に遭わないための講話を行いました。その後、防犯協会員と生活安全課員が、同園5歳児16名を対象に、宮城県防犯協会連合会が高齢者向けに作成・配布した「特殊詐欺被害防止用通帳ケース」に祖父母の似顔絵や特殊詐欺被害防止に向けたメッセージを書くように依頼したところ、園児らは、カラーペンを使って楽しそうに似顔絵や「きをつけてね」、「だまされないでね」等と書き上げました。こうした園児らの思いのこもった「通帳ケース」を手にした「おじいちゃん・おばあちゃん」からは、一人の被害者も出ないよう大きな効果を期待しています。

           

    

     

    

    

令和元年全国地域安全運動宮城県大会の開催

2019年10月10日

 全国地域安全運動が10月11日(金)から10月20日(日)までの10日間実施されるのに伴い、10月8日(火)、仙台市太白区文化センターにおいて「令和元年全国地域安全運動宮城県大会」が開催されました。同大会は、宮城県防犯協会連合会、宮城県、宮城県警察が主催し、県内の防犯協会関係者約400人の出席の下に開催されたものです。大会では、宮城県防犯協会連合会の姉歯会長が「県民の皆様や関係機関・団体と連携し、地域の安全は地域で守るとの防犯意識の普及・促進を図り、犯罪のない明るく住みよい地域社会の実現を目指していく」旨の挨拶を行い、次いで大森環境生活部長、松岡警察本部長から挨拶があり、来賓を代表して、相澤県議会議長から祝辞がありました。
 その後、防犯栄誉金章受賞者等の紹介と防犯功労者、防犯功労団体、防犯CSR活動優良団体及び防犯作文・ポスターコンクール入賞者に対する表彰を行いました。また、今回、永年にわたり協助・賛助会員として宮城県防犯協会連合会の運営に功労のあった54団体・個人に対する表彰もありました。表彰終了後、防犯作文コンクールで最優秀賞を受賞した栗原市立鶯沢小学校3年 髙橋桜冬さんが「くり返しは身を守る第一歩」と題する作文を朗読、次いで、この度、防犯栄誉金章を受賞した泉地区防犯協会連合会長 伊藤誠氏が「大会宣言(案)」を読み上げ、満場一致で採択されました。
 引き続き、第2部では、落語愛好家「三流亭楽々」氏よる「笑って楽しく防犯落語」の口演が行われた後、宮城県警察音楽隊・カラーガード隊によるコンサートが行われ、大会は盛況のうちに閉会しました。


    
    
    

    

    
   

苦竹防犯協会主催による「第55回少年少女球技大会」の開催

2019年10月07日

 仙台東地区防犯協会連合会傘下の苦竹防犯協会では、例年、児童生徒の犯罪被害防止や少年の健全育成、地区内の親睦を深めることを目的として、「少年少女球技大会」を開催していますが、今年も7月28日(日)、東仙台小学校体育館において、「第55回少年少女球技大会」を開催しました。
 大会には、苦竹防犯協会が管轄する、宮城野小学校から1チーム17名、原町小学校から6チーム88名、東仙台小学校から3チーム42名、計10チーム171名、その他、防犯協会や保護者、町内会、警察署等から関係者併せて260名参加の下に開催され、今年も恒例の「ソフトバレーボール」で熱戦が繰り広げられました。競技終了後は、苦竹防犯協会から選手や保護者に子どもたちの犯罪被害防止等を呼びかける防犯うちわや防犯グッズ等が贈呈され、児童・生徒や父兄等の親睦が図られるとともに少年の健全育成に有意義な大会となりました。

               

ページ上部に戻る