1. 宮城県防犯協会連合会
  2. 活動内容

活動内容

高城地区安全安心パトロール隊による防犯パトロールの実施

2019年06月12日

 松島町高城地区安全・安心パトロール隊は、5月10日(金)午後6時30分から高城地区全域にわたり、防犯パトロールや学生達への声がけ、見守り活動を実施しました。同パトロール隊は、高城地区18区の行政員による自主防犯パトロール隊で、当日は、18名が参加し、3班に分かれて防犯パトロールを実施し、
     〇 部活等で帰宅時間の遅くなった学生に対する声がけ、無灯火自転車への注意
     〇 駅前駐輪場の見回り、鍵かけ状況等の確認
     〇 公園・コンビニ等における、犯罪被害防止に向けた注意・呼びかけ
等を実施しました。

   

新田三区防犯協会が防犯パトロールと環境美化活動を実施

2019年06月12日

 多賀城市新田三区防犯協会では、5月6日(月)、同協会員25名が参加し、新田三区全域にわたり、公園や駐車場等における各種犯罪の防止や路上等のごみを拾いながら、防犯パトロールと環境美化活動を実施しました。同活動は、公園や道端にのぼり旗を掲げ、少年の非行防止や犯罪被害防止に向けた広報啓発を行うとともに、参加者を4班に分け、防犯パトロールでは各自ビニール袋を持参して公園や駐車場等でたばこの吸い殻やペットボトル等のごみを拾いながら、帰宅途中の学生達に対して声がけを行い、通行人等に特殊詐欺や盗難被害防止等を呼びかけました。

                       

南材地区防犯協会で街頭パレードを実施

2019年06月11日

 若林区防犯協会連合会傘下の南材地区防犯協会では、警察や区役所、町内会、その他地域団体等と連携し、5月14日(火)、関係者約60名が参加し、「安全で安心して暮らせる南材地区の実現」を目的に、南材木町小学校学区内全域において、特殊詐欺の被害防止広報や路上のごみ拾い等環境美化活動を兼ねた街頭パレードを実施しました。同活動は、南材地区安全安心地域推進活動として同防犯協会や南材地区町内会連合会が中心となって実施しているもので、参加者は3班に分かれ、それぞれパトカーや青パトの先導で、学区内を街頭パレードし、犯罪被害防止を呼び掛け、さらに、路上ごみを拾うなどの環境美化活動を実施したものです。参加者からは、「これまで継続した活動により、路上のごみも少なくなり、”きれいな街には犯罪は起きにくい”、という大きな効果を期待しています」などの声が聞かれました。

      

令和元年度通常総会の開催

2019年06月03日

 公益社団法人宮城県防犯協会連合会は、令和元年5月29日午後2時から同3時45分まで、仙台市青葉区の「パレス宮城野」において、宮城県知事(代理:遠藤副知事)、県議会議長(代理:遠藤文教警察委員)、松岡警察本部長はじめ来賓出席の下、令和元年度通常総会を開催しました。
 通常総会は、会長挨拶、来賓祝辞の後、姉歯会長が議長となり、4議案について提案がなされ、それぞれ審議が行われました。議案は、第1号議案「平成30年度事業報告並びに収支決算について」、第2号議案「会費等取扱規程の改正について」、第3号議案「理事9名の選任について」、第4号議案「監事3名の選任について」であり、専務理事からそれぞれ議案について説明がなされ、慎重な審議を経て全4議案とも原案どおり承認されました。
 また、「令和元年度事業計画並びに収支予算」と「資金調達及び設備投資の見込み」について専務理事から報告がなされました。
 通常総会終了後、同所において、総会で承認された新理事・監事の出席の下、「臨時理事会」を開催し、会長1名、副会長2名、専務理事1名の役員選出が行われ、その結果、引き続き、会長には姉歯和郎、副会長には阿部欣也、大槻裕喜、専務理事には佐々木昌英が選出されました。

   

県防連で令和元年度第1回理事会を開催

2019年05月13日

公益社団法人宮城県防犯協会連合会は、令和元年5月10日(金)午後1時30分から同3時まで、県防連が所在する宮城県多賀城分庁舎2階会議室において、代表理事、専務理事を含む理事9名中7名、監事3名が出席し、令和元年度第1回理事会を開催しました。
 姉歯会長の挨拶の後、定款の定めにより姉歯会長が議長となり、6議案について提案がなされ、それぞれ審議が行われました。議案は、第1号議案「平成30年度事業報告並びに収支決算報告」、第2号議案「会費等取扱規程の改正について」、第3号議案「理事・監事候補者の承認について」、第4号議案「賛助会員の入会承認について」、第5号議案「顧問・参与の追加就任について」、第6号議案「通常総会の招集について」であり、専務理事から議案についての説明がなされ、慎重な審議を経て6議案とも原案どおり承認されました。
 なお、令和元年度通常総会は、令和元年5月29日(水)午後2時から「パレス宮城野」において開催することとなりました。

      

宮城県防犯指導隊連絡協議会「会員協議会・研修会」の開催

2019年05月09日

 宮城県防犯協会連合会では、警察本部と連携し、4月19日(金)、パレス宮城野において「宮城県防犯指導隊連絡協議会」の「会員協議会と研修会」を開催しました。同協議会は、警察本部から沼田生活安全部長以下4名、県防連からは専務理事以下3名、各地区防連から協議会会員等18名、講師6名の計31名出席の下に開催しました。
 同協議会では、藤原会長と沼田生活安全部長の挨拶の後、同協議会の役員選出を行い、新会長には、仙台北地区防連の「吉見宏様」、副会長には仙台中央地区防連の「遠藤毅様」、仙台東地区の「小野雅司様」、泉地区の「大槻恵子様」の3名が選出されました。
 役員選出の後、研修会に移り、警察本部生活安全企画課の白鳥犯罪抑止対策官から「最近の犯罪情勢と防犯活動の活性化方策」、さらに、宮城県防犯設備士協会の三瓶会長等から、機器を活用しての「防犯診断等防犯活動における着眼点等」について、講義を受け、有意義な研修となりました。

          

岩沼南防犯協会が特殊詐欺や侵入盗被害防止に向けた防犯キャンペーンを実施

2019年05月09日

 岩沼地区防犯協会連合会傘下の岩沼南防犯協会では、岩沼警察署と連携し、4月19日(金)、地元のスーパー等において、大型連休に向けて多発傾向にある特殊詐欺や空き巣等侵入盗の被害防止を図るため、防犯キャンペーンを実施しました。
 キャンペーンは、防犯協会や警察署から17名が参加し、2班に分けて、ヨークベニマル岩沼店とダイシン岩沼店において買い物客を対象に、防犯広報用チラシ等を配布しながら、特殊詐欺の被害防止や空き巣等の被害防止に向けた「カギかけの徹底」等を呼びかけました。

            
 

気仙沼地区防連で特殊詐欺被害防止に向けた防犯キャンペーンを実施

2019年05月09日

 気仙沼地区防犯協会連合会傘下の気仙沼市階上・西地区・北防犯協会、唐桑町南部防犯協会、本吉地区津谷防犯協会では、気仙沼警察署と連携し、年金支給日である4月15日(月)、地元の銀行や漁協、コンビニ等の利用客を対象に、特殊詐欺被害防止キャンペーンを実施しました。
 キャンペーンは、各防犯協会や防犯実働隊、地元駐在所から25名が参加し、銀行や漁協、郵便局、コンビニ等の利用客に駐在所だよりや防犯グッズを配布しながら特殊詐欺の被害防止を呼びかけました。

           

「イオンスーパーセンター鈎取店」において防犯キャンペーンを実施

2019年05月09日

 仙台南地区防犯協会連合会傘下の山田防犯協会では、多発している振り込め詐欺等特殊詐欺の被害防止に向け、年金支給日である4月15日(月)仙台南警察署と連携し、イオンスーパー鈎取店において「特殊詐欺被害防止キャンペーン」を実施しました。 キャンペーンは、山田防犯協会や山田防犯指導隊、防犯女性部等13名の参加を得て、買い物客やATM利用客等を対象に、一人一人に声がけをしながら広報用チラシや防犯グッズを配布し、被害防止を呼びかけました。

            

JR涌谷駅における自転車安全・安心キャンペーンの実施

2019年05月09日

 遠田地区防犯協会連合会では、学生の新学期が始まったことに伴い、4月12日(金)JR涌谷駅において、遠田警察署や涌谷町等関係機関・団体と連携し、自転車安全・安心キャンペーンを実施しました。
 同キャンペーンには、遠田地区防連や涌谷中学校アルカス「咲楽隊(さくらたい)」、涌谷町交通安全指導隊等25名が参加し、涌谷駅駐輪場において、通勤・通学で駅まで自転車を利用している会社員や高校生等約300名を対象に、広報チラシや自転車のワイヤーロック錠を配布しながら、自転車盗の被害防止に向けた「2ロック」や「防犯登録」等について呼びかけました。

           

ページ上部に戻る