1. 宮城県防犯協会連合会
  2. 2018 2月 28

活動内容

大崎市古川東保育所における不審者対応訓練の実施

2018年02月28日

 大崎東部地区防犯協会連合会では、古川警察署と連携し、2月21日(水)、大崎市古川東保育所(職員、園児58人)において、大崎東部地区防連職員と古川警察署員が講師となり、職員を対象とした不審者対応訓練を実施しました。訓練は、警察官が不審者に扮し、刃物を所持して保育所内に侵入してきた不審者に対し、職員が園児の避難誘導と不審者への対応、110番通報の訓練を実施しました。
 一連の訓練終了後は、園児に対する防犯教室「いかのおすし」を実施したほか、職員に対して、刺す股の使用方法や簡易護身術を指導しました。参加した職員からは「不審者がナイフを取り出したときには、身体が震えました。いい訓練になりました。」といった声が寄せられました。

年金支給日における特殊詐欺被害防止キャンペーンの実施

2018年02月28日

 気仙沼地区防犯協会連合会傘下の西地区防犯協会、唐桑町南防犯協会、階上防犯協会では、気仙沼警察署と連携し、年金支給日の2月15日(木)、各防犯協会地区内の金融機関やスーパー、コンビニェンスストア等において、防犯協会員や警察署員等53名が参加し、それぞれ来店客等を対象としたキャンペーンを実施しました。キャンペーンでは、特殊詐欺被害防止広報用チラシやティッシュペーパー総数1,200部を配布して、一人一人に被害にあわないよう注意喚起をしました。気仙沼地区防犯協会連合会では、年金支給日となる偶数月の15日には、同種キャンペーンを継続して実施しており、気仙沼警察署管内では、特殊詐欺被害が減少傾向にあり、こうした継続した活動が成果につながっているものと認められます。

金融機関利用客に対する特殊詐欺被害防止キャンペーンの実施

2018年02月28日

 石巻地区防犯協会連合会傘下の石巻支部中央分会では、石巻警察署と連携し、多発する特殊詐欺被害を防止するため、金融機関の協力を得て「特殊詐欺被害防止キャンペーン」を実施しました。キャンペーンは、年金支給日でもある2月15日(木)、七十七銀行石巻支店前において、石巻支部中央分会員や警察署員等7名が参加し、利用客に被害防止広報用チラシやティッシュペーパー等を配りながら、特殊詐欺の被害防止を呼びかけました。

高砂防犯指導隊・同女性部合同の移動研修会

2018年02月28日

 仙台東地区防犯協会連合会傘下の高砂防犯協会では仙台東警察署と連携し、高砂防犯指導隊と同女性部合同で相互の情報共有と防犯意識の高揚を目的とした移動研修会を開催しました。研修会は、1月20日(土)、多賀城市内において、防犯指導隊員や警察署生活安全課員等65名が出席して開催されました。研修会では、生活安全係長を講師として、管内の犯罪情勢をはじめ、防犯活動を実施する上での注意点や防犯広報の着眼点などに関する講話を受けました。参加者からは「身近で様々な犯罪が起きている実態を知り、これまで以上に地域の安全のために頑張ります。」などといった多数の言葉が寄せられ、有意義な研修会となりました。

ページ上部に戻る