1. 宮城県防犯協会連合会
  2. 「もくもく安全隊」による「子ども見守りeye作戦」の実施

活動内容

「もくもく安全隊」による「子ども見守りeye作戦」の実施

2018年05月21日

登米地区防犯協会連合会では、春の地域安全運動期間中である4月22日(日)、自主防犯ボランティア団体「もくもく安全隊」と連携し、警察やもくもく安全隊等12名が参加し、街路灯や防犯灯が少ない通学路上の歩道ガードパイプに設置してある「ソーラーライト」の点検・交換を行うなど、安全・安心街づくりを推進しました。「子ども見守りeye作戦」とは、ソーラーライトが地域の児童生徒を見守る「目」となること、そして、地域がお互いに子どもを「見守り合い」、地域の防犯力を高めていくように、という意味が込められている活動です。なお、本活動は、平成25年から「もくもく安全隊」が、街路灯が少ない通学路にソーラ-ライトを設置し、児童生徒の安全確保を目的として自主的に実施している活動です。
 

活動内容一覧

ページ上部に戻る