1. 宮城県防犯協会連合会
  2. 2014 11月 4

地区防連による活動

犯罪抑止・非行防止キャンペーンの実施(仙台東地区防連)

2014年11月04日

キャンペーン参加者の皆さん

キャンペーン参加者の皆さん


 仙台東地区防犯協会では、関係機関・団体と連携して、JR沿線における犯罪と少年非行の抑止に向け、地域住民の防犯意識と規範意識の高揚を図ることを目的に、「全国地域安全運動」に先駆け「少年を非行からまもる日」に当たる10月10日に、仙台駅東口において、犯罪抑止・非行防止キャンペーンを実施しました。
 同キャンペーンには、仙台東地区の防犯協会4団体のほか仙台東少年補導員、仙台東地区企業防犯連絡協議会、宮城野区役所、仙台東警察署及び宮城県警察のマスコット「みやぎくん」など総勢約50人が参加して行われました。
 キャンペーンは、片平仙台東地区防犯協会連合会長が参加者に挨拶を行った後、自転車盗難防止、万引き防止等ののぼり旗や非行防止の合言葉「まけないよ」の横断幕を掲げながら、通行人等に対して防犯チラシや防犯グッズ等を配布しながら犯罪被害防止、少年非行防止等を呼びかけました。
 通行人等からは、横断幕を前に宮城県警察のマスコット「みやぎくん」との記念撮影を求められるなど大変好評で、広報の成果が見られました。 

中学生ボランティア団体が全国地域安全運動出動式等で活躍(白石地区防連)

2014年11月04日

全国地域安全運動出動式の状況

全国地域安全運動出動式の状況


 白石地区防犯協会連合会では、中学生ボランティア団体「PSCパトロール隊」が設立されており、これまでも各種自主防犯活動を展開してきておりますが、この度、全国地域安全運動に合わせた白石地区の出動式に参加するとともに犯罪防止の街頭キャンペーンを行うなど積極的な防犯活動を行いました。
 白石地区防犯協会連合会では全国地域安全運動が10月11日から20日まで行われた全国地域安全運動に伴い、平成26年10月9日、白石市益岡地内の白石城本丸広場において、管内の1市2町の防犯協会・防犯実働隊など防犯関係者約120人が参加して出動式を行いました。
 この出動式では、管内の中学生で構成された自主防犯ボランティア団体「PCSパトロール」の中学生も甲冑姿で参加し、同パトロー隊長が安全宣言を行いました。
 また、出動式終了後、「PCSパトロール」の皆さんは甲冑姿で白石城の会場を出発して、城下の大型スーパー「ヨークベニマル白石店」において、来店者等に自転車盗難被害防止や特殊詐欺被害防止を呼びかけるなど、街頭キャンペーンも行いました。

 【出動式での安全宣言】   【キャンペーンに参加したPSCパトロール隊】
 (福岡中PSC隊長)
IMG_0979[1]IMG_0978[1]

ページ上部に戻る