1. 宮城県防犯協会連合会
  2. 特殊詐欺被害防止講座と不審者対応訓練の実施について

地区防連による活動

特殊詐欺被害防止講座と不審者対応訓練の実施について

2015年07月17日

不審者対応訓練

不審者対応訓練

大崎東地区防犯協会連合会では、多発する振り込め詐欺を始めとする特殊詐欺被害を防止するため、古川警察署と大崎市社会福祉協議会と連携し、本年7月9日(木)午前、大崎市三本木上宿集会所に同地区の高齢者を集めて古川警察署の出前講座を開催しました。講座では特殊詐欺の手口や被害防止対策について具体例をあげながら分かりやすい説明であったことから、参加した高齢者からは「毎日のように新聞に被害にあった記事が載っているが、なんで騙されるのか不思議だ。もらったチラシをテレビの所に貼って騙されないようにします。」等の声が聞かれ、事案を他人事でなく自分のこととして受け止めようとしている姿勢が見られるなど一定の効果が見られたとの報告でした。

また、同日午後、古川東保育所において、古川警察署と連携して同保育所職員30名を対象に不審者対応訓練を行いました。訓練は同署員が不審者役となり、「不審者への対応」「警察への通報」「園児の安全確保」「職員の役割と連携」等について実戦的に行われたため、参加者からは「訓練して初めて園児の安全を確保しながら対応することの難しさを知りました。」等、訓練の大切さを再認識させられたとの声が多く聞かれまし

特殊詐欺被害防止講座

特殊詐欺被害防止講座

たとの報告でした。

地区防連による活動

ページ上部に戻る