1. 宮城県防犯協会連合会
  2. 2014 11月 21

県防連による活動

振り込め詐欺等の特殊詐欺に注意を!!    ~ 特殊詐欺被害が急増中 ~

2014年11月21日

 宮城県内における振り込め詐欺をはじめとする特殊詐欺の発生は、本年10月末現在で
       ○ 被害件数        164 件
       ○ 被 害 額  約8億7,400万円
となっており、過去最悪の状況となっおります。

 被害者の9割以上の人が「特殊詐欺の被害に遭わない自信があった。」と答えているように、特殊詐欺の犯罪手口は非常に複雑、巧妙になっておりますので、特殊詐欺の被害に遭わないように十分注意してください。

   ★ 特殊詐欺被害防止に遭わないための3ない行動
        現金を「振り込まない」「送らない」「手渡さない」を  →  詳しくはここをクリック

   ★ 特殊詐欺被害防止のポイント   →  詳しくはここをクリック

自転車盗難防止啓発活動の実施(大崎東部地区防連)

2014年11月21日

IMG_1030[1] 大崎東部地区防犯協会連合会では、古川警察署と連携し、平成26年11月3日、大崎市役所本庁前広場において開催された「古川軽トラ我楽多(がらくた)市場」において、自転車盗難防止啓発活動を行いました。
 「古川軽トラ我楽多市場」は、大崎市中心市街地の活性化を図るために古川まちづくり協議会等が開催したもので、軽トラックの荷台を店舗に見立てた市場には約50台が集合し、地場産品、海産物、衣料品、食料品、手芸品等の店が連なり、また、多彩なイベントが行われるなど、会場には多くの人々が訪れ賑わいを見せていました。
 会場には、防犯ブースを設けるとともに、来場者に対して自転車盗難防止のチラシやワイヤー錠等を配布しながら、自転車へのツーロックの励行と防犯登録の促進を呼びかけました。
 また、来場者には高齢者も多いことから、振り込め詐欺についても呼び掛けを行いました。
IMG_1029[1]IMG_1031[1]IMG_1028[1]

ページ上部に戻る