1. 宮城県防犯協会連合会
  2. 振り込め詐欺抑止強化日のキャンペーン

活動内容

振り込め詐欺抑止強化日のキャンペーン

2016年02月23日

榴岡防犯協会の活動状況

榴岡防犯協会の活動状況

県防連では、多発する振り込め詐欺等の被害を撲滅するため、毎月15日を「振り込め詐欺抑止強化日」と定めて広報啓発等による被害防止意識の高揚等の取り組みを推進しています。

年金支給日となった本年2月15日(月)、仙台東地区防犯協会連合会傘下の榴岡防犯協会と東仙台防犯協会では、地域の金融機関前で開店から1時間、年金等の払い戻しに訪れる高齢者等を対象に特殊詐欺被害防止用のチラシやテッシュペーパーを配って注意を呼び掛けるキャンペーンを行いました。

榴岡防犯協会は、会員4名が七十七銀行榴岡支店前に、東仙台防犯協会は、会員15名が仙台東郵便局前にそれぞれ赴き、年金払い戻し等のため、これらの金融機関を訪れた高齢者等を対象に上記被害防止用のチラシ等を配って、特殊詐欺被害が多発していることやその手口等を伝えながら被害防止を呼び掛けました。

また、他の年齢層の利用者にも高齢の家族にそのことを話して欲しいこと、若者には若者を対象とした架空請求詐欺被害が発生していることを伝え、被害防止を呼び掛けたものです。

当日は年金支給日でもあったため、金融機関の利用者、それも高齢者が多く、呼び掛けに対する反応も良好であったとの報告をいただきました。

このような地域単位の地道な活動によって地域住民のみならず、金融機関の特殊詐欺に対する関心がさらに高まり、地域全体で被害を防止していく気運が高まっていくものと思われます。

活動内容一覧

ページ上部に戻る